芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

内村光良は不倫が原因でテレ朝出禁?今後「復縁」の可能性も

内村光良は不倫が原因でテレ朝出禁?今後「復縁」の可能性も

「口は災いのもと」「自業自得」。自分というものを貫いた結果、招いた事態は“出入り禁止”ー。“若気の至り”から“大人の事情”まで、今だから笑えるエピソードを芸能評論家の宝泉薫が振り返る!

【写真】衝撃!紅白でギターを破壊する吉川晃司

“伝説”の局部ポロリ…下半身にはご用心!

芸能人の出禁ヒストリー。なかでも、最大の伝説といえるのが笑福亭鶴瓶の「股間露出」事件だ。

1975年、テレビ東京(当時は東京12チャンネル)の生放送バラエティー『独占!男の時間』の温泉コーナー中に股間を露出。まだ20代前半だった鶴瓶はリハーサルでスタッフにバカにされたことへの腹いせとして、この挙に及んだという。

しかも、話はこれで終わらない。その2年後、この番組の最終回にまた呼ばれた鶴瓶は再び下半身を露出。そればかりか、局内の池に飛び込み、当時の社長が可愛がっていた高価な錦鯉を死なせてしまった。これにより、その後売れっ子になってからも、テレ東とは絶縁状態が続いたのである。

しかし、2001年にテレ東系列のテレビ大阪で『きらきらアフロ』がスタート。その東京収録で、久々にテレビ東京の局内へと足を踏み入れた。さらに、その11年後、この番組がリニューアルを機にテレ東制作になったことで、出禁が完全解除となるわけだ。

本人も、感慨深かったようでこんなコメントを残した。

「人間ってやっぱり、恨みは水に流してくれるわけですよ。こっちも、ものすごう反省してます。35年ですか……。そんだけ出てなかったというのは、よっぽど怒ってはったんやろなということで」

ただ、テレ東がそこまで怒ったのにも理由がある。民放のなかでも後発局ゆえ、当時はお色気番組が頼みの綱。そこを揶揄されることも多く、局にとってはコンプレックスでもあったからだ。

前出の『独占!男の時間』が終了したのも、お色気路線を脱したいという事情が関係していた。それが不満だった司会の山城新伍は最終回で「(局のトップは)『男の時間』のハダカは低俗だというが、ハダカに高級も低級もあるものか」と発言。

これが局の怒りを買い同局の『木曜洋画劇場』の解説からも降ろされてしまった。こちらもその後、7年間にわたって出禁が続くこととなる。

生放送中に放送禁止用語を口にして、出禁を食らった人も。松本明子だ。

1984年『オールナイトフジ』(フジテレビ系)と『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のコラボ番組でのこと。デビュー2年目だった彼女は、片岡鶴太郎と笑福亭鶴光に女性器を意味する4文字を教えられ「付き合ってる男の名前をバラされたくなかったら言え」「一躍有名になれるぞ」と、そそのかされたという。

本人は意味もわからないまま、この言葉を叫んでしまい、新聞に「アイドル歌手が生放送中に放送禁止用語」と書かれるほどの騒動に。その後、2年間にわたって、テレビ全体から干されてしまった。

この背景には、彼女が当時『オールナイトニッポン』の女性アシスタント3人で『トリオ・ザ・ゴミ』というユニットを組まされるほど、アイドルとしてくすぶっていた事情がある。のちに自ら「内心“おいしいのかも”という思いもあった」と回想しているほどだ。

実際、これを機に、彼女はバラドルに方向転換。事務所内でトークやコントの特訓を受け、なりふりかまわぬ突撃レポートなどで人気を得ていった。長い目で見れば“おいしい”出禁だったともいえる。

不倫略奪婚で出禁も…「復縁」の可能性

一方、同じ下半身関係(?)でも、不倫で出禁となったのがウッチャンこと内村光良だ。2003年、テレビ朝日の局アナだった徳永有美との交際が発覚。数か月後に徳永がテレ朝のディレクターだった男性と離婚したため、略奪愛という見方が浮上した。

徳永はアシスタントを務めていた『内村プロデュース』をはじめとするレギュラー番組を降板。キャスターをしていた『スーパーモーニング』では「自分のことをきちんと説明できない人間が、番組のキャスターを続けていいものかどうか」と涙ながらに語り、その後、スポーツ局に配置転換されてしまう。これに対し、内村も、

「いろいろと申し訳ございません。生きていれば、晴れた日も曇った日もあります」

などとお気楽にも思えるコメントをしたが『内村プロデュース』は継続された。しかし、2年後に徳永が退社し、内村と再婚すると、番組は終了。それ以降の15年間で、彼がテレ朝の番組に出演したのは単発のバラエティーが1度あるだけだ。

その間、内村は『NHK紅白歌合戦』の総合司会を務めるほどの大物へとさらに飛躍した。

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のレギュラーだったベッキーが“ゲス不倫”騒動を起こした際には、擁護的な立場をとったことも記憶に新しい。

また、育児が一段落した徳永も、フリーアナとして復帰。現在は、古巣のテレ朝で『報道ステーション』のキャスターもやっている。

司会者として引っ張りダコの内村が今後、テレ朝にレギュラー番組を任されることははたしてあるのか。もし実現すれば、不倫出禁からの「復縁」として大ニュースになることは間違いない。

晴れ舞台の『紅白』でギターを破壊!

テレビ界最大の生放送イベントで、歌手にとっては晴れの大舞台である『紅白』。しかし、それゆえにテンションが上がりすぎるのか、ハプニングが起きやすく“出禁”につながることも珍しくない。

1985年に初出場で白組のトップバッターを務めた吉川晃司は、NHKに相談することなく過激なパフォーマンスを敢行。あえて真紅の衣装を着て、シャンパンを口に含んでは吐き出しながら、熱唱したあと、ギターに火をつけ破壊した。

しかも、この混乱のせいで、次の出番だった河合奈保子は歌いだしが遅れるわ、その次のシブがき隊では布川敏和がステージに残った酒で転倒するわ、さんざんなことに。吉川は後年「完全に若気の至りで反省している」と語ったが、以後10数年にわたってNHKには出られなかった。

そんな吉川以上に物議をかもしたのが、1990年の長渕剛。ベルリンの壁からの中継で登場すると、いきなり、

「こちらに来ましたら、現場仕切ってるの、みんなドイツ人でしてね。ともに戦ってくれる日本人なんて、ひとりもいませんよ。恥ずかしい話ですけど、今の日本人、タコばっかりですわ」

と、暴言を吐いた。しかも、16分間にわたって3曲を披露。途中、水を飲んだり、ギターのチューニングをしたりで30秒も演奏を中断するなど、やりたい放題だった。当然、その後の進行にも大きく響き、なかには持ち時間を半分以下に縮小させられた歌手も。NHKはもとより、歌手仲間からもひんしゅくを買うこととなった。

のちに長渕は、こう振り返っている。

「NHKから勲章でももらえるのかな、と思ってたら、出入り禁止って言われちゃった(笑)」

再び『紅白』の舞台に立つのは13年後のこと。そのときはおとなしかった。

また、2006年にはDJOZMAのきわどいパフォーマンスが問題になった。ハダカに見えるボディスーツを着用していたため、勘違いする視聴者が続出。面白がる声もあったが、苦情も殺到し、年明けにはNHKの会長が、

「現場で使いにくい状況だと思う」

と、定例会見の場でコメントする事態に発展した。ちなみに、DJOZMAと同一人物(当時は知人という設定)である氣志團の綾小路翔は「NHKにも実は頭にきてたけど、なんかもういいかな〜って気もしてきちゃったし。定例会見のことも聞いたけど、ちょっと残念だったね」という皮肉をブログに綴った。

これにより、NHKとは溝が深まり、今も出禁状態だ。

“逆・出禁”で応じるスターも

なお『紅白』では、本番だけでなく出場をめぐってもトラブルが生じがちだ。1973年、それまで10年連続でトリを務めていた美空ひばりが落選。きっかけは弟・かとう哲也のたび重なる逮捕と、暴力団への参加だった。

いわば、国民的番組が身内の不祥事を理由に歌謡界の女王を“出禁”にしたわけだが、決め手になったのは、NHKが行う人気アンケートでひばりの人気が急落したこと。つまり、女王に引導を渡したのは世間の空気だったのである。

これに対し、ひばりは『紅白』の裏でテレビ朝日系の『美空ひばりワンマンショー』に生出演。翌年には、アンケートの順位が回復したため、トリでの出演交渉が行われたが、彼女はこれを拒絶した。

「だって、あちらは1曲しか歌えないでしょう」

と言って、再び『美空ひばりワンマンショー』に生出演。女王がNHKに“逆・出禁”で応じたかたちだ。

このせめぎ合いは’79年の30回記念紅白に特別出演して、当時としては異例の3曲メドレーを披露するまで続くことになる。そのうちの1曲は、弟・哲也が作曲した『人生一路』だった。

これにちょっと似ているのが、サザンオールスターズのケースだろう。’82年に2度目の出場を果たした際、桑田佳祐が三波春夫風の衣装で登場。演歌調で歌いながら「裏番組はビデオで見ましょう」などと呼びかけた。

これがふざけすぎだとして主に年配視聴者の反発を招き、桑田は詫び状を書かされるハメに。サザンは翌年も出場したが、こういうことが面倒になったのか、その後、長らく『紅白』から遠ざかることになる。

『TSUNAMI』が大ヒットして、日本レコード大賞に輝いた2000年にも出場を辞退。そんな“逆・出禁”状態が続き、桑田が『紅白』に戻ってくるのはソロで初出場した2010年のことだ。

とはいえ、かつての詫び状パフォーマンスにしても、今ならおそらく問題にはならないレベル。出禁の基準も、時代によって大きく変わるのだ。

ケンカ上等の悲喜こもごも

ロケ現場で生まれる“出禁”もある。土屋アンナはドキュメンタリー『ココロとカラダ満つる時間』(NHKBSプレミアム)の収録で米国に滞在中、ディレクターともめて、パンチを浴びせてしまったと報じられた。このため、企画そのものが立ち消えとなり、数年にわたってNHKには出られない状態だったという。

また、元AKB48の河西智美はロケ途中にやらかした。『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日系)の『節約バトル1ヶ月1万円生活』に挑戦したものの、スタートから5日後「自宅に荷物を取りに帰る」として、そのままリタイア。前代未聞の掟破りに待っていたのは、テレ朝からの出禁だった。

本人のあずかり知らぬところで、その局との縁が切れていたのはダウンタウン。昨年『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志がこんな裏事情を明かした。

「テレビ朝日の偉い人と吉本の偉い人がもめたって。上層部がタンカを切ったんですよ。“ダウンタウン出せへんぞ”って。そうしたら向こうが“いらへんわ〜”って」

それゆえ現在、テレ朝にダウンタウンのレギュラー番組はない。ただ、浜田雅功がMCを担当する『芸能人格付けチェック』や松本が審査員のひとりである『M−1グランプリ』はテレ朝系で放送されているが……。どちらも制作は、大阪の朝日放送(ABC)なのだ。

かと思えば、若手のころ、NHKから勝手に出禁にされていたのがサンドウィッチマン。その理由は「見た目のガラの悪さ」という理不尽なものだった。このせいで、若手芸人の登竜門だった『爆笑オンエアバトル』にも出られず、悔しい思いを味わうハメに。それがいまや好感度ナンバーワン芸人となり、NHKにも出まくっている。人は見た目だけで判断してはいけない、ということか。

一方、明石家さんまの場合は売れてから出禁が増えていった。いや、出禁というより、売れてからなので“逆・出禁”に近い。

まず、テレビ東京との関係がこじれたのは’80年代『さんまのサタデーナイトショー』が人気番組だったのに打ち切られたこと。経営に参加する日本経済新聞社が、局の看板番組がお色気系では困ると主張したのだという。

テレビ朝日とは’90年代、ある番組で野村沙知代と衝突。局から謝罪するよう要請されたのが原因とされる。

さらに、NHKとも相性がよくない。’80年代に『クイズ面白ゼミナール』であくびをして視聴者から苦情が寄せられたり、朝ドラの『澪つくし』で厳しい演出に嫌気がさしてスタッフとトラブったりと、持ち味の自由な芸風がNHKとは合わなかったようだ。

どの局とも、まったく拒否というわけではないものの、不定期番組の司会やゲスト出演にとどまっている。

ちなみに、舞妓の悪口を『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でしゃべって、祇園から出禁を食らったことも。お笑い怪獣と異名をとる男は“出禁”怪獣でもあったわけだ。

“出禁”になった名司会者

ほかには、山田孝之のようなケースも。出世作でもある朝ドラ『ちゅらさん』の続編『ちゅらさん4』に出演しなかったことで、NHKともしばらく疎遠になってしまったと報じられている。

また、民放にとって何より大事な相手を怒らせたのが、乱一世だ。『トゥナイト2』(テレビ朝日系)のレポーターとして活躍していたが、自分のコーナーを控えたCM前にこんな失言。

「親戚に電話するなり、ビデオをセッティングするなり、トイレに行きたい人は行ってもいいですよ」

CMを見てもらうために大金を投入しているスポンサーとしては、たまったものではない。このひと言で仕事を干され、2年半、ほぼ無収入になったという。

また、政治的言動も鬼門。古いところでは1973年、昭和の名司会者・前田武彦が『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)での「共産党バンザイ」騒動でテレビ全体から出禁を食らった。これは選挙で応援演説した候補者が当選したら「バンザイ」をするという公約を実行したというものだ。

9年後、前田はTBS系の早朝番組で『お天気おじさん』としてひっそりと復帰した。

最近では、東日本大震災を機に反原発運動に目覚めた山本太郎がこのパターンだ。そのせいで決まっていたドラマを降ろされたことなどをツイッターで暴露した。

著書では、こんな分析もしている。

「電力会社というのは、あらゆるスポンサーの中でいちばんメディアにお金を使っている会社だし、東芝とか日立みたいに、発電所のプラントも造りつつ家電も出している企業まで入れると、その影響力は計り知れない。(略)そこに異を唱えれば、原子力がどうしたこうしたって話以前に、自分が締め出されていくことも目に見えている」

その後、所属事務所を辞めて、現在は政治家として活動中だ。

出禁はもっぱら、テレビと芸能人の不和や行き違いから生じるが、視聴者が見たいものを見られなくなるという弊害ももたらされる。

ただし、出禁エピソードが面白いのは、それが生活やメンツをかけたケンカだからでもあるのだ─。

宝泉薫(ほうせん・かおる)……アイドル、二次元、流行歌、ダイエットなど、さまざまなジャンルをテーマに執筆。近著に『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)『平成の死追

内村光良は不倫が原因でテレ朝出禁?今後「復縁」の可能性も 外部サイト 【写真あり】タイトミニのホステスたちの見送りを受ける滝沢秀明&今井翼 【写真あり】二宮和也が妻・Aさんとの「おそろいパーカー」でインスタライブ 【写真あり】胸元ゆるゆる、ヘソ出しキャミで出歩く引退後の木下優樹菜 「内村光良」をもっと詳しく

無観客の紅白歌合戦に「未知なる大舞台が待ってる』内村光良が期待 第71回紅白歌合戦の司会者を発表総合司会は4年連続で内村光良に 内村航平がコロナ感染NTC体操施設の利用中止を発表

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

妊娠中の最上もが 仕事は継続「ぼくが稼がなければ、子どもは生きていけません」

妊娠中の最上もが 仕事は継続「ぼくが稼がなければ、子どもは生きていけません」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/8/c81e2_1399_17d958c2_eb4bb9b5-m.jpg 妊娠を発表したタレントの最上もが(31)が28日、インスタグラムを更新。「つわり」に悩まされていることを明かした。 12日にブログで妊娠と未婚の母になることを公表した最上は自身の顔写真とともに「痩せてる...
子供のため誠実でいて 金子恵美が夫に語っていた家族の約束

子供のため誠実でいて 金子恵美が夫に語っていた家族の約束

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/f/5f675_1212_f35e5121_43999de9-m.jpg 11月27日、再び不倫が報じられた元衆議院議員の宮崎謙介氏(39)。「文春オンライン」によると、中国地方で医療従事者として働く30代の女性とホテルで肉体関係を持ったという。 同日、宮崎氏は金曜日のMCを務める「バ...
山里亮太と山崎静代の本当の関係 「死ぬほど仲悪い」が今では一変

山里亮太と山崎静代の本当の関係 「死ぬほど仲悪い」が今では一変

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/0/e090f_929_spnldpc-20201128-0192-001-p-0-m.jpg お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が28日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)にゲスト出演。相方・しずちゃんこと山崎静代(41)との関係について語った。 この日は21日に放送...
「小塚崇彦ネタしかないの?」大島由香里、離婚後は好感度急落か

「小塚崇彦ネタしかないの?」大島由香里、離婚後は好感度急落か

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/b/1b825_188_1d3b6ba8_20cf4e98-m.jpg フリーアナウンサーの大島由香里による、元夫でフィギュアスケーターの小塚崇彦への悪口が止まらない。 大島は10日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に出演。番組内では結婚生活に関する...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net