芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

タモリが友人に中型ヨットを譲渡へ?夢だった世界一周のためか

タモリが友人に中型ヨットを譲渡へ?夢だった世界一周のためか

「行き先はバリ島と台湾で、1週間ほど過ごしたそうです。香港に行ったという報道もありましたが、香港には行っていません。バリ島も台湾も初めてで、バリ島では知り合いと一緒に大理石を掘る採石場を見学して楽しんだと聞いています。台湾では高速鉄道を乗り倒したそうです」(芸能関係者)

タモリ(71)は正月休みに夫婦で海外旅行へと出かけ、のんびりと過ごしたという。「これは近い将来のヨット世界一周旅行の下見も兼ねていたのでは」と別の芸能関係者が語る。

「タモリさんの最後の夢が、自分のヨットでの世界一周なんです。最近、持っていた中型のヨットを人に譲ることを決めたようです。本気で世界一周をするためには大型のメガヨットに買い換える必要がありますから、いよいよ夢を実現させる計画が具体化しているのでしょう。今回のアジアの旅行には寄港地選定の目的があったといいますから、世界一周で最初に訪れる場所は、お気に入りの台湾になるかもしれません」

タモリがヨットを保有するきっかけは、今から約40年前。故・森繁久彌さんとドラマ『三男三女婿一匹』(TBS系)で共演したときのことだ。彼はあるラジオ番組でこう語っている。

「君はパンツ1枚でイグアナのモノマネをするのを芸にしているようだが、仕事だから何をやってもいい。でもね、趣味だけは高尚なものを持たなければいけませんよ」

森繁にそう指摘されるとタモリは「僕は正直に言いますけど、船を持つことが夢なんです」と応じた。森繁はそれに「ヨットいいじゃない。それはいい趣味だよ」と賛同したという。その後、自分の船を持つだけでは気が済まなくなり、8年前から毎年夏に日本一楽しいヨットレースを標榜する『タモリカップ』を主宰するまでに。昨年には全国から400艇以上が参加する、日本最大のヨットレースにまで成長した。レース関係者が語る。

「本気でヨットで世界一周を考えているなら、25メートル(82フィート)級でないとキツイでしょう。それでも波の高い外洋に出れば、コップの水がこぼれるくらいの揺れを感じると思いますよ。持っていた15メートル級では、外洋に出ることすらおぼつきません」

気になる世界一周のコースだが、タモリにはどうしてもはずせない場所があるという。

「タモリさんは前々から奥さんにエーゲ海の夕日を見せてあげたいと語っていたんです。台湾、エーゲ海、そして雑誌で行くのが夢だと書いていたカリブ海もはずせません。3歳年上の奥さんが同行する夢の世界一周は、タモリさんにとって忘れられないものになるでしょう。それこそ、森繁さんに夢を語った日から40年来の悲願達成というわけです」(前出・芸能関係者)

多くのレギュラー番組を抱えるタモリにとって、夢を実現するのはスケジュール的に厳しいはずだが――。

「世界一周とはいえ3年間、ずっと海にいる必要はありません。目的の港までたどり着いたら飛行機で一度日本に帰ってくるようなスケジュールも可能です」(前出・レース関係者)

世界一周ヨット旅について所属事務所に確認すると、「ヨットを譲ることにしたというのは本当ですが、今のところメガヨットを買う予定はありません」との答えだった。前出のレース関係者がタモリにこんなアドバイスを送る。

「メガヨットの購入、その停泊地の決定、船員の確保などを考えると年内は難しいでしょう。しかし、ご本人と奥様の年齢を考えると出発は早ければ早いほうがいいです」

夢をかなえながら、番組収録という奥の手もある。近いうちに洋上からの『ブラタモリ』が見られるかもしれない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

タモリといいともスタッフの確執記事にTVマン怒り「おそろしい」

タモリといいともスタッフの確執記事にTVマン怒り「おそろしい」

4月14日(日)、東洋経済オンライン(東洋経済新報社)のサイトにて、『タモリというお笑いの巨人が持つ圧倒的な凄み』という記事が投稿された。この記事はすぐさまYahoo!ニュースに取り上げられ、エンタメ部門でトップニュースとして取り上げられた。 同記事は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了となった...
「主婦層を意識したコーナーをボイコット」タモリといいともスタッフの確執

「主婦層を意識したコーナーをボイコット」タモリといいともスタッフの確執

「笑っていいとも!」の番組終了の裏に隠された、テレビ局とタモリの確執とは?(写真:getty) 平成終了まで、あとわずか。この31年間、人気番組の終了や大物タレントの引退など、お笑い業界にもさまざまな変化があった。タモリが司会を務めたバラエティ番組「笑っていいとも!」の終了も、そのひとつ。 30...
第一芸能界での売れ筋は内輪揉めで消える マキタスポーツが内情を語る

第一芸能界での売れ筋は内輪揉めで消える マキタスポーツが内情を語る

芸人・マキタスポーツさんと、「テレビブロス」でおよそ8年にわたって連載しているコラム(『越境芸人』で書籍化)の担当編集者・おぐらりゅうじさんの対談第3回。「M-1グランプリ2018」の判定をめぐる騒動を振り返ります。(全5回の3回目/#1、#2が公開中) 【写真】この記事の写真(10枚)を見る ◆◆◆ テレビ...
お笑い界に君臨する松本人志 フォーマットを開発し支配する構造

お笑い界に君臨する松本人志 フォーマットを開発し支配する構造

https://static.blogos.com/media/img/184508/raw.jpg 教養としての平成お笑い史(ディスカヴァー携書) 作者:ラリー遠田 出版社/メーカー:ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日:2019/03/14 メディア:新書 この商品を含むブログを見る https://static.blogos.com/media/img/184509/raw.jpg 教養としての平...
樹木希林さんが75歳で死去「全身がん」など壮絶な闘病生活

樹木希林さんが75歳で死去「全身がん」など壮絶な闘病生活

女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだけいこ)さんが15日、午前2時45分、東京都渋谷区の自宅で死去したことがわかった。75歳。東京都出身。16日に近親者のみで通夜を執り行い、告別式は30日の予定という。 この十数年、樹木さんは病気と壮絶な闘いを繰り広げてきた。2003年...
NHK「あさイチ」のFAXが物議「森繁久彌さんにお尻触られた?」

NHK「あさイチ」のFAXが物議「森繁久彌さんにお尻触られた?」

2018年5月18日放送のNHK「あさイチ」が、ネット上で物議を醸している。 この日は女優・樹木希林さんがプレミアムトークコーナーに生出演。その中で、視聴者から寄せられたメッセージのひとつとして、こんな質問を取り上げた。 「うら若き頃、ドラマで森繁久彌さんとの共演が長かった希林さんですが、お尻を触...
ピーコ ブルゾンちえみの芸を酷評「つまんない。何考えてるのこの女」

ピーコ ブルゾンちえみの芸を酷評「つまんない。何考えてるのこの女」

21日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、ピーコが、お笑い芸人・ブルゾンちえみの芸を酷評した。 番組では、橋爪功と吉行和子をゲストに招き、MCの中山秀征や中川翔子とトークを展開した。その中で途中、吉行と40年以上の親友だというピーコも登場し、ベテラン芸能人3人が最近の若手への印象を明かして...
武田鉄矢の水戸黄門起用に里見浩太朗が困惑?復活にやる気も配役に落胆か

武田鉄矢の水戸黄門起用に里見浩太朗が困惑?復活にやる気も配役に落胆か

「笑点」しかり「サザエさん」しかり。マンネリもまた長寿番組の原動力であるわけだが、その一角を占めていたのが「水戸黄門」だった。先ごろ、武田鉄矢主演で6年ぶり復活と報じられたばかりだが、長らく“番組の顏”をつとめてきた里見浩太朗に聞くと……。 *** 番組は10月からBS-TBSで放映される旨、さる14日...
坂上忍が子役時代に受けたイジメを告白「机に殺すって書かれてた」

坂上忍が子役時代に受けたイジメを告白「机に殺すって書かれてた」

タレント・坂上忍(50)が18日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜、午後9・55)に出演。人気子役として活躍した当時、学校で壮絶なイジメにあったことを告白した。 ゲスト出演した女優・安達祐実(36)が、94年にドラマ「家なき子」が大ヒットした当時、学校で孤立していたと告白。「...
戸塚ヨットスクールの校長がTVスタッフを罵倒「諸君はマスゴミ」

戸塚ヨットスクールの校長がTVスタッフを罵倒「諸君はマスゴミ」

戸塚ヨットスクール・戸塚宏氏が、26日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。司会の坂上忍と大激論を交わした。 1980年前後、過度とも思える徹底的なスパルタ教育が原因で生徒が死亡した戸塚ヨットスクール。当時マスコミは暴力・体罰と非難を浴びせ、同校の校長・戸塚宏氏は傷害致死などの...
千原ジュニア 年内の「ドデカい」不倫報道を予言 不倫の主は「芸人」

千原ジュニア 年内の「ドデカい」不倫報道を予言 不倫の主は「芸人」

お笑いタレントの千原ジュニア(43)がこのほど、MBSの深夜のニュースショー「ニュース番外地モヤモヤハラス」(27日、深夜0・10)の収録を行い、年内に「ドデカい」不倫報道が出ると“予言”した。 番組では「不倫」や「過去最少となった暴力団組員」をテーマに取り上げたが、MCを務めたジュニア...
誰も見たことのない番組はタモリの「おもしろそう」から生まれる【ザテレビジョン35周年特集】

誰も見たことのない番組はタモリの「おもしろそう」から生まれる【ザテレビジョン35周年特集】

日本のテレビ史を見つめ続けるザテレビジョンは創刊35周年。過去の記事からピックアップして“テレビ”を振り返る【ザテレビジョン35周年特集】で、今回スポットを当てるのはタモリが司会を務めてきた番組の数々である。 【写真を見る】「世にも奇妙な物語」初回収録時のタモリ(‘90年4/27号) 現在放送中の「ミ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net