芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

松本潤主演「99.9」完全新作SPドラマ放送 杉咲花&西島秀俊にフォーカス

松本潤主演「99.9」完全新作SPドラマ放送 杉咲花&西島秀俊にフォーカス

【モデルプレス=2021/11/05】嵐の松本潤が主演を務める人気シリーズ「99.9−刑事専門弁護士−」の完全新作のTBS系スペシャルドラマ「99.9−刑事専門弁護士−完全新作SP新たな出会い篇〜映画公開前夜祭〜」が12月29日よる9時より放送されることが決定した。

【写真】「花男」F4集結!松本潤・小栗旬・阿部力、松田翔太の結婚祝福でファン興奮

◆松本潤主演「99.9−刑事専門弁護士−」シリーズ


「99.9−刑事専門弁護士−」は、裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)が99.9%とされる刑事事件に個性豊かな弁護士たちがぶつかり合いながらも、残りの0.1%の可能性に懸けて挑んでいく新感覚痛快リーガル・エンターテインメント。2016年に放送された「SEASON?」、2018年の「SEASON?」ともに話題を呼び、続編を望む声が多く寄せられていた。

◆杉咲花&西島秀俊、新ヒロイン&新たな敵にフォーカス


今回のスペシャルドラマでも、松本が99.9%有罪と見なされた案件でも残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追求する型破りな斑目法律事務所の弁護士・深山大翔(みやま・ひろと)を、そして、香川照之が深山の上司の敏腕弁護士・佐田篤弘(さだ・あつひろ)を続投。さらに、新ヒロインとして杉咲花が参加する。

杉咲が演じるのは、司法修習を終えたばかりの新米弁護士・河野穂乃果(こうの・ほのか)。穂乃果は“ある出来事”がきっかけで深山と出会い、斑目法律事務所の一員として活躍することになるが、その“ある出来事”が今回のスペシャルドラマで描かれる。

また、SEASON?では検察官、SEASON?では裁判官と対峙してきた深山だが、今回立ちはだかる敵は弁護士。その弁護士・南雲恭平(なぐも・きょうへい)を西島秀俊が演じる。南雲は政治家の収賄疑惑を巡り、検察も巻き込んで深山と対立していくことになる。12月30日公開の「99.9−刑事専門弁護士−THEMOVIE」にも繋がっていく新ヒロイン・河野穂乃果との“新たな出会い”、そして謎の弁護士・南雲恭平との“新たな戦い”を描く完全新作スペシャルドラマとなる。(modelpress編集部)

◆松本潤コメント


「完全新作SP新たな出会い篇」は、新たに加わったヒロインの杉咲花さん演じる河野穂乃果、西島秀俊さん演じる南雲恭平などのキャラクターがどういった人物なのかを描き、映画へとつながるエピソードです。

穂乃果との出会い含め、気仙沼でしか撮れない素晴らしいロケーションの力を借りた印象的なインパクトのあるシーンが続き、見逃すことができないつくりになっています。

映画・ドラマそれぞれで楽しめる作品となっておりますが、映画公開の前日にスペシャルドラマを見て劇場に足を運んでいただけるとより「99.9」の世界に入り込んでもらえるドラマになっていますので、楽しみにしていてください。

◆杉咲花コメント


もともと拝見していた作品でしたので、「99.9」の世界に私も入り込んでいることがすごく不思議でした。クランクインするまでは緊張していたのですが、みなさまが温かく迎えてくださったおかげで、楽しんで撮影に挑ませていただくことができました。

現場では監督や松本さんをはじめ、みなさんがどんどんアイデアを出し合って、「99.9」の世界でしか生み出せないような特別な空気感があり、刺激的な毎日でした。ワクワクするような展開がたくさんある作品なので楽しみにしていただけたらうれしいです。

◆香川照之コメント


「99.9」シリーズが戻ってきたなと。冒頭の斑目法律事務所のメンバーが集まるシーンでクランクインできたので、“やっぱりいい雰囲気だ”と、当時を思い出すのに1日もかかりませんでした。

佐田は地位や富のようなものを手に入れれば入れるほど、隙ができる人物。その隙をどう深山に使われるのかという面白み、深山と佐田そして杉咲さん演じる新たなヒロイン・穂乃果との化学変化も楽しみにしていただければと思います。スペシャルドラマは、佐田の脇の甘さが僕のやりどころだと思いますので、楽しみにしていてください。

◆プロデュース・東仲恵吾コメント


映画公開をすでに発表させていただいておりましたが、このたびホームグラウンドであるテレビにも帰ってくることが決まりました。

スペシャルドラマのテーマは、“新たな出会い”。新ヒロイン、そして新たな敵との出会いと戦いにフォーカスした物語です。

実は、もともと台本を制作している中で、3年ぶりの復活ということで入れたい要素が満載で話がどんどん膨らんでいって、結果的にスペシャルドラマを放送できるほど中身の濃い物語ができたという背景があります。スペシャルドラマをご覧になってもらうと、映画をより楽しんでいただけると思います。

3年間の充電期間を経て、よりパワーアップして戻ってきたチーム「99.9」。2時間半完全新作でお届けします。是非お楽しみください。

【NotSponsored記事】 松本潤主演「99.9」完全新作SPドラマ放送 杉咲花&西島秀俊にフォーカス 外部サイト 【写真】杉咲花、平野紫耀から贈られたパーカー着用で「会いたいな」 【写真】King&Prince平野紫耀に杉咲花が想いをつづる「素敵な関係」 【写真】松本潤「99.9」に“牧野&花沢類”登場でネット沸く 「99.9−刑事専門弁護士−」をもっと詳しく

「99.9」映画版、特報&ポスター公開レギュラー陣4名の続投も明らかに 面白かった2018年冬のドラマランキング「99.9」を抑えた1位 松本潤主演の「99.9」が14年ぶりの快挙2作品連続の最終回20%超

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

梅沢富美男の兄で俳優の梅沢武生さん死去 82歳

梅沢富美男の兄で俳優の梅沢武生さん死去 82歳

俳優・梅沢富美男の実兄で俳優の梅沢武生さん(本名・池田武生)が、16日に亡くなっていたことが24日、分かった。82歳。29日に通夜、30日に告別式が、ともに東京・桐ヶ谷斎場で行われる。喪主は富美男が務める。 富美男は関係者に向けコメントを発表し「1月16日に⻑兄梅沢武生が永眠いたし...
小松菜奈が結婚発表以来初の公の場 主演映画のジャパンプレミア出席

小松菜奈が結婚発表以来初の公の場 主演映画のジャパンプレミア出席

女優の小松菜奈(25)が24日、都内で主演映画「余命10年」(3月4日公開、藤井道人監督)のジャパンプレミアに出席した。昨年11月に菅田将暉(28)と結婚を発表して以来初の公の場。 黒を基調した衣装で登壇した小松は「この企画のお話を頂いてから」と話を始めたが、言葉が続かない。難病を発症し...
マツコが首都圏の人気駅ランキングに持論「安いからだと思う」

マツコが首都圏の人気駅ランキングに持論「安いからだと思う」

タレントのマツコ・デラックス(49)が24日、TOKYOMX「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に出演。首都圏の人気駅ランキングに持論を述べた。 番組では、25〜34歳の首都圏人気駅ランキング(2021年7〜12月、オウチーノ調べ)を紹介。1位千葉県「柏の葉キャンパス駅」、2位神奈川県「辻堂駅」、3位千葉県「流山...
桝太一アナの日テレ退社に「やっぱりね」番組で見せていた博識ぶり

桝太一アナの日テレ退社に「やっぱりね」番組で見せていた博識ぶり

「TOKIO」の城島茂(51)以上に興奮する姿を見ていた視聴者は、こういう展開を何となく予想していたのではないか。日本テレビを3月で退社することを公表した、桝太一アナウンサー(40)のことだ。 「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”桝アナは23日放送の「真相報道バンキシャ!」で、自身...
松本まりかが「幼馴染」俳優とのツーショット公開「美女と野人かと」

松本まりかが「幼馴染」俳優とのツーショット公開「美女と野人かと」

女優の松本まりか(37)が13日、自身のインスタグラムを更新し、「幼なじみ」の俳優とのツーショット写真を披露した。 松本は「幼馴染。22年。何故彼は俳優以外のことをし出したんだろうって思っていたけど。その意味が少しわかった気がします」とつづり、俳優の山田孝之(38)と仲良く顔を並べた写真を投稿し...
年末年始放送の「孤独のグルメ」なぜ高視聴率を叩き出せたのか

年末年始放送の「孤独のグルメ」なぜ高視聴率を叩き出せたのか

テレビ東京のグルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ』が年末年始に“大活躍”した。2012年に放送がスタートした深夜ドラマシリーズだが、大晦日にはその一部を朝7時45分から13時30分まで再放送し、夜10時からは90分で『孤独のグルメ2021大晦日スペシャル〜激走!絶景絶品・年忘れロードムービー〜』が放送...
「相棒」元日SPのデモ隊シーンが物議 脚本家が唱えた異議に注目

「相棒」元日SPのデモ隊シーンが物議 脚本家が唱えた異議に注目

《今、苦しい立場で闘っておられる方々を傷つけたのではないかと思うと、とても申し訳なく思います。どのような場においても、社会の中で声を上げていく人々に冷笑や揶揄の目が向けられないようにと願います》 自身のブログにこうつづったのは、1月1日に放送されたドラマ『相棒season20』(テレビ朝日系)のス...
NHK紅白歌合戦の平均視聴率 40%に届かず史上最低となった要因

NHK紅白歌合戦の平均視聴率 40%に届かず史上最低となった要因

昨年大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」の平均世帯視聴率は、午後9時から11時45分までの第2部が、史上最低となる34・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。前年より6・0ポイント減で、過去最低だった2019年の37・3%を大きく下回った。紅白は若者向けのブランディングに成功したと言われていただけに、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net