芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

途中で見るのをやめた秋ドラマ 2位は「アバランチ」&「日本沈没」

途中で見るのをやめた秋ドラマ 2位は「アバランチ」&「日本沈没」

10月から始まった秋ドラマもいよいよ大詰め。

東京オリンピックなどの影響もあり苦戦した夏ドラマに比べ、秋ドラマの世帯視聴率は全体的には堅調。恋愛ものやサスペンス、医療ものなどジャンルも幅広く、「豊作」の呼び声も高いクールだ。

しかし、クライマックスを迎え、視聴者の満足度にも開きが出てきた。

そこで本誌は、秋ドラマで「見るのをやめた作品」「見るのを続けている作品」についてアンケートを行った(11月30日〜12月7日)。

まずは「見るのをやめた作品」について。一度は視聴者が見たものの、定着しなかった作品とは……。

■「話が複雑」「暗い」が離れていく要因に?

同率2位となったのが、『アバランチ』と『日本沈没―希望のひと―』。

『アバランチ』は今秋から新たに始まったフジテレビ“月10枠”最初の作品。綾野剛(39)演じる主人公は、警察が裁かない悪を裁く謎のアウトロー集団「アバランチ」に所属している元公安…という設定だ。番宣は一切ななく、ハードボイルドな作風を放送前から貫いていた。

監督は映画『新聞記者』『ヤクザと家族TheFamily』などで知られる藤井道人氏で、映画のような質感とアクションが話題になっていたが《話が難しくて脱落してしまった》(30代女性/パート)とアウトロー集団や内閣官房が絡み合うストーリーに集中力が切れてしまった人が多かった。また、《シリアスな作風だったので期待していたが、初回のラストで制裁しない展開に拍子抜け》(30代女性/自由業・自営業)と、演出と脚本のギャップに戸惑う意見も見られた。

『日本沈没―希望のひと―』は73年に刊行された『日本沈没』を原作に、現代アレンジを大きく加えた作品。主演は小栗旬(38)、共演には杏(35)、松山ケンイチ(36)、香川照之(56)など日曜劇場らしい豪華な顔ぶれが並んだ。

未曾有の災害危機に立ち向かう官僚たちの姿を描く作品だが、《地震を表す映像が苦手、過去の震災を思い出してしまう》(30代女性/医療関係者)《暗くて怖い》(20代女性/医療関係者)など昨今の災害を連想し脱落してしまったというコメントが続出。《昔のドラマのイメージの方が良かった、CGも安っぽいし軽い感じがする》(50代男性/自由業・自営業)といった、過去の映像化作品との比較をする意見もあった。

そして不名誉にも1位となってしまったのが、月9『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』。19年4月に放送された、窪田正孝(33)演じる天才放射線技師の活躍を描いた医療ドラマの続編だ。

人気作のシーズン2ということでファンも多いはずだが、《続きなので期待していたが、新鮮味がなく面白くなかった》(40代女性/会社員)など、物足りなさを感じる視聴者が続出。医療ドラマの続編として、今期はほかに『ドクターX』も放送されているが、こちらは新たな“敵”として野村萬斎が登場。こうしたインパクトある新要素に欠けると、期待値が高いぶん飽きられてしまうのかもしれない。また、《本田翼ちゃん好きだけど演技がひとり下手すぎる》(40代女性/会社員)という辛辣な意見も寄せられた。

最終結果はこちら。

【秋ドラマの中で、途中で見るのをやめた作品は?】(複数回答可)

1位:『ラジエーションハウスII〜放射線科の診断レポート〜』20.4%
2位:『アバランチ』15.1%
2位:『日本沈没―希望のひと―』:15.1%
4位:『顔だけ先生』14.0%
5位:『SUPERRICH』12.9%

■“ラブストーリー”がTOP3に!

一方で、視聴者が見るのを続けている作品とは?TOP3を見ていこう。

第3位は、『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』。杉咲花(24)演じる、勝ち気だが恋に臆病な「弱視」の盲学校生と、杉野遥亮(26)演じる不器用だが純粋なヤンキーのラブストーリーだ。

《杉野遥亮のキャラがヤンキーなのにちゃんとしていて見ていて気分が良い》などキャラクターを評価する声が多かった。さらに、盲目の漫談家・濱田祐太郎(32)を案内人として解説コーナーを入れるなどして、丁寧に「弱視」のリアルを描いているところも《きゅんきゅんしながら白杖を持っている人の気持ちも知ることができて、人の成長を感じながら自分の人生にも生かせそうなことがたくさんある》《どう声を掛けたらいいのかなど本当にためになることが多い》と好評だ。

第2位は、『婚姻届に判を捺しただけですが』。清野菜名(27)と坂口健太郎(30)演じる偽装結婚カップルがひとつ屋根の下で距離を縮めていく過程を描く、“不意キュン”ラブコメディ。

《坂口健太郎がかっこいい上に清野菜名のキャラが明るくていい》と主人公カップルの魅力に惹かれている視聴者が多く、《2人の気持ちが近づいてきてるのが見ていてキュンとする》《2人がハッピーエンドで終わるのを見届けたい》と今後の展開への期待値も高かった。「ネクタイ引き寄せキス」「身長差ハグ」といったわかりやすいキュンシーンが用意されているのも盛り上がっている要因だろう。

そして、ドラマ好きから熱いコメントを集めた第1位は、『最愛』。15年前の失踪事件と現在の殺人事件がつながっていく、完全オリジナルのサスペンスラブストーリーだ。

事件の参考人になってしまう主人公の女社長(吉高由里子・33)、主人公の初恋相手でもあり事件を追う刑事(松下洸平・34)、主人公をあらゆる手段で守ろうとする弁護士(井浦新・47)が軸となる物語だが、中盤では事件の“裏側”が明かされる。しかしその後さらなる事件が発生。《考察など楽しく、事件の真相が気になる》(30代女性/パート)と巧みな脚本で視聴者を魅了している。

また、《吉高由里子さんが、こんなに素晴らしい女優さんだと初めて認識して大ファンになりました。可愛いし、綺麗だし、強くて弱くて、色々な表情を見せてもらっています》(40代女性/会社員)《このドラマを切っ掛けに、松下洸平さんが好きになりました》(40代女性/アルバイト)など、キャストの演技も好評だった。

《最愛の監督が良いものをつくる。TBSのドラマはさすがだと思う。心をえぐられる》(40代女性/専業主婦)と『MIU404』『アンナチュラル』などを手掛けた塚原あゆ子監督への絶賛の声も上がった。

【秋ドラマの中で、見るのを続けている作品は?】(複数回答可)

1位:『最愛』41.9%
2位:『婚姻届に判を捺しただけですが』40.9%
3位:『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』37.6%
4位:『ラジエーションハウス』33.3%
5位:『アバランチ』31.2%
5位:『日本沈没―希望のひと―』31.2%

最終回が近づくなか、ラストまで視聴者を満足させるのはどの作品だろうか?

途中で見るのをやめた秋ドラマ 2位は「アバランチ」&「日本沈没」 外部サイト スキャンダルイケメンの待望度2位は伊藤健太郎…1位は!? 菅田将暉事務所退所の覚悟も…小松菜奈との結婚実現にあった“捨て身の直談判” 反町隆史スタッフと肩組んで現場入り!『相棒』卒業発表当日の男前すぎる労い姿 「日本沈没」をもっと詳しく

「日本沈没」石橋蓮司の活躍ぶりに称賛の声「株爆上がり」 瀬戸大也の妻・馬淵優佳が「日本沈没」出演中国人の通訳者役 ドラマ版「日本沈没」に「原作無視」との指摘も批判に疑問

関連芸能ニュース

同棲&ヌードで父・水谷豊が激怒?趣里が越えたい「親の七光り」

同棲&ヌードで父・水谷豊が激怒?趣里が越えたい「親の七光り」

平均14.4%の視聴率をあげたTBS日曜劇場「DCU」。DCU隊員役で日曜劇場の常連、中村アンが3話で殉職。入れ替わりでDCUのメンバーに加わったのが趣里(31)だった。 【画像】趣里が新人俳優賞を受賞した第42回日本アカデミー賞授賞式「大半がモニターを見ながら指示するシーン。笑顔が少なくふてぶてしいキャラ...
「TVドラマの小道具」調べてわかった意外な事実

「TVドラマの小道具」調べてわかった意外な事実

ドラマでよく見る「毎朝新聞」は実在していた!「架空のブランド」について徹底調査してみました(写真:EKAKI/PIXTA) 「このドラマはフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません」 どのドラマの最後でも、これとほぼ同種のテロップを見かけますよね。最近では「このドラマはフィクションです...
「ミステリと言う勿れ」初回は史上最高の再生回数 「TVer」はどれくらい利用され、儲かっているのか

「ミステリと言う勿れ」初回は史上最高の再生回数 「TVer」はどれくらい利用され、儲かっているのか

6年前に始まった民放各社による番組の無料配信サービス「TVer」への注目度が高まっている。そもそもTVerはどれくらい利用されているのか。無料で儲かるのか。有料配信の動向も探った。 TVerがニュースになることが増えた。菅田将暉(28)の主演ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ)の初回の再生数が、T...
「鳥肌立つほど怖かった」 アバランチ・木村佳乃「恐怖の笑顔」に視聴者騒然

「鳥肌立つほど怖かった」 アバランチ・木村佳乃「恐怖の笑顔」に視聴者騒然

2021年12月20日放送のドラマ「アバランチ」(フジテレビ系)最終話で、俳優の木村佳乃さんが見せた「恐怖の笑顔」が、視聴者から絶賛を集めている。 仲間に出頭を要求する山守 俳優の綾野剛さん演じる羽生は、警察が裁かない悪を裁く謎のアウトロー軍団「アバランチ」に所属している元公安部警察官。室長・山...
マッチングアプリで出会った60代夫婦!妻は渾身の写真加工で「有村架純そっくり」に

マッチングアプリで出会った60代夫婦!妻は渾身の写真加工で「有村架純そっくり」に

(全2枚) 5月22日(日)放送の『新婚さんいらっしゃい!』に、マッチングアプリで知り合ったという福岡の60代夫婦が登場する。 妻がアプリに登録すると、毎日300ほどの「いいね」が付くほどのモテモテぶり! しかしふたを開けてみると、連絡が来るのは「老けてる・ハゲてる・太ってる」の3拍子揃った人ばかり…...
認知症の母親の介護を担うにしおかすみこ 壮絶な同居生活

認知症の母親の介護を担うにしおかすみこ 壮絶な同居生活

誰もがぶち当たる「親の介護と死」。それは女性有名人たちも同じようだ。病老介護を余儀なくされた堀ちえみ、コロナ禍で思うように看取れなかった阿川佐和子ー。葛藤や後悔を語る彼女たちに共通するのは親への感謝と深い愛。今回は、現在まさに親の介護に追われているお笑いタレントのにしおかすみこ編。認知...
宮迫博之、さんまに「お笑いやりたいっす」

宮迫博之、さんまに「お笑いやりたいっす」

タレント・明石家さんま(66歳)が、5月21日に放送されたバラエティ番組「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演。宮迫博之の焼肉店「牛宮城」に行って、宮迫が「お笑いやりたいっす」と言っていたと語った。 番組冒頭、さんまが今田耕司に「今ちゃ〜ん、牛宮城行ってきたで」と話すと、今田も「...
バカリズム 新人時代に給料300万円誤振込された過去「返した」

バカリズム 新人時代に給料300万円誤振込された過去「返した」

フジテレビ系トークバラエティー「ワイドナショー」(日曜午前10時)が22日、放送された。 山口県阿武町で24歳の男性に給付金の4630万円が誤送金された事件をテーマに取り上げた。 バカリズムは「新人の頃、間違えて給料300万円が振り込まれていたことがあった。まさかと思ったけど、仕事も増えていた時なので...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net