芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

大山のぶ代の現在 ホームでは「とても元気よくおしゃべりしています」

大山のぶ代の現在 ホームでは「とても元気よくおしゃべりしています」

「女房は僕の名前だけは覚えているんです。長年一緒にやってきた女性マネージャーのことすら『啓介さん』と呼ぶんですよ……。きっと、僕にいろんなことを伝えたいという思いがあるんでしょうね」

妻・大山のぶ代(83)の認知症の病状を涙ながらにこう話すのは、砂川啓介(80)。

昨年6月、砂川は本誌に、愛妻を老人ホームに入居させたことを明かした。大山が認知症を発症したのが、12年。以来、都内の自宅で砂川が“老々介護”していたが、昨年4月、砂川に尿管がんが発覚。このままでは「共倒れになる」と、断腸の思いで大山を施設に入居させたことを語ってくれた。あれから7カ月――。

彼の現在の体調はどうなのか。

「いまは抗がん剤治療中なんです。抗がん剤治療をやると貧血でフラフラになり、メシも食えないのがつらいですね。昨年4月から、14回も入退院を繰り返して断続的に治療をしています」

聞くだに壮絶な闘病生活だが、砂川には弱音を吐いていられない理由がある。

「僕は、生き続けなければいけませんからね。彼女のためにも。僕が先には逝けないですから」

妻の大山も認知症が進行している状況だという。

「夫婦の対面は30分が限度かな。彼女がホームに帰って、マネージャーが『今日は久しぶりにご主人に会えてよかったですね』と言っても、『えっ?』って言って、まったく覚えていないんですよ……」

寂しそうに微笑む砂川。2人は、今年で結婚53年目を迎える。その夫婦の歴史で、今年初めて砂川は1人きりの正月を過ごしたという。

「大晦日は、元気が出るように格闘技の中継を見たりしていました(笑)。いま住んでいる我が家で孤独に新年を迎えてみると、やっぱり1人では広すぎるんですよ……」

“孤独な元日”で砂川が改めて痛感したのは、分身のように連れ添ってきた大山の存在の大きさだった。

「夫婦という運命共同体のかけがえのない人と、一緒にいられないのは僕にとっても、きっと彼女にとってもいちばん残念です。死別したわけでもないのにね……」

しかし、いまの大山にとってホームの暮らしは快適なようだ。

「認知症の方は鬱っぽい人が多いようですが、彼女はとても元気よくおしゃべりしています。よく聞いてみると意味不明なんだけど(笑)。『ああ、そうね』なんてみんな楽しそうに会話してますね」

最後に、砂川は「まだ希望は捨てない」と力強く語ってくれた。

「認知症の新薬ができて記憶を取り戻し、2人で作り上げてきた“心のアルバム”を思い出してくれると信じています。そのためにも、僕ができるだけ長生きして、彼女との人生をまっとうしたいと思っています」

神様もそんな砂川の悲願を聞き届けて、2人に立ちはだかる困難を乗り越えさせてくれることだろう――。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

大山のぶ代に「バカになった」と書き込みも 砂川啓介さんが直面した試練

大山のぶ代に「バカになった」と書き込みも 砂川啓介さんが直面した試練

〈「僕は、夫失格なのだろうか」酒の量が増え、一家心中に共感したことも…大山のぶ代(90)の夫が明かした「妻が認知症になる苦しみ」〉から続く 「僕が秘密にしていたことで、結果的に彼女を世間から隔絶し、孤独に追い込んでいたのかもしれない」――ドラえもん声優の大山のぶ代さん(90)の認知症はなぜ何年...
大山のぶ代の「認知症」夫・砂川啓介さんが経験した妻の不可思議な行動

大山のぶ代の「認知症」夫・砂川啓介さんが経験した妻の不可思議な行動

〈「ドラえもんの気持ちを理解してくれる人に託したいの」当初は“合成音声”を使用するアイデアも…大山のぶ代(90)の夫が明かした「ドラえもん声優卒業」の真相〉から続く 「ペコ(大山のぶ代さんの愛称)、いったい、どうしたんだい!!!」「この人、私の写真を撮ったのよ!」 【写真を見る】親子連れに突然...
「奥様に拘束衣をつけてもいいでしょうか?」大山のぶ代が認知症を発症する前に経験した、知られざる2度の闘病生活。その病名と実情とは

「奥様に拘束衣をつけてもいいでしょうか?」大山のぶ代が認知症を発症する前に経験した、知られざる2度の闘病生活。その病名と実情とは

「奥様に拘束衣をつけてもいいでしょうか?」大山のぶ代が認知症を発症する前に経験した、知られざる2度の闘病生活。その病名と実情とはドラえもんの声を担当した人気声優の大山のぶ代さんに突如襲った認知症。しかし認知症発症前に、直腸ガン、脳梗塞と2度の知られざる闘病生活を経験していた。夫・砂川啓介...
大山のぶ代の「ドラえもん」卒業の真相「理解してくれる人に託したい」

大山のぶ代の「ドラえもん」卒業の真相「理解してくれる人に託したい」

〈「2度の子供との死別」をきっかけに寝室は別々に…黙って女遊びを続けていた大山のぶ代(90)の夫・砂川啓介が支払った「浮気の代償」とは〉から続く 「あたし、もうドラえもんを辞めたほうがいいのかな……」 【貴重グラビア】認知症になった大山のぶ代さん(90歳)と、浮気がバレたパートナーの砂川さん 2005年...
YouTuber「マミルトン」ステージ3aの乳がん告白「なんでもっと早く病院に」

YouTuber「マミルトン」ステージ3aの乳がん告白「なんでもっと早く病院に」

人気ゲーム系YouTuberのマミルトンさんが2024年6月13日、ステージ3aの乳がんを公表し、発見までの経緯を明かした。 マミルトンさんは25万人を超えるチャンネル登録者を抱え、ゲームのプレイ動画などで人気を博している。プライベートでは、2人の男女を育てる母でもある。 「いつまで生きれるんやろう」 マミル...
子宮体がん公表の西丸優子、抗がん剤治療の副作用を報告

子宮体がん公表の西丸優子、抗がん剤治療の副作用を報告

「子宮体がん」を公表した女優の西丸優子(44)が17日、自身のインスタグラムを更新。抗がん剤治療の第5クールから2週間経過した副作用の現状を報告した。 「抗がん剤5クール目も2週間が経過しましたが」と西丸。「4日前から熱が38度くらい出ちゃって、頭が痛くて痛くて再び冬眠してました」とつづった。 「今...
「血便がひどくずっとおしめ」大腸がん公表の橋爪淳が闘病、大河撮影を語る

「血便がひどくずっとおしめ」大腸がん公表の橋爪淳が闘病、大河撮影を語る

1982年東宝50周年記念映画『海峡』でスクリーンデビュー。さまざまな作品で活躍し、'80年代は大河ドラマでも常連の名俳優、橋爪淳。NHK『光る君へ』では25年ぶりの大河ドラマ出演を果たすものの、人知れずステージ3の大腸がんと闘いながらの撮影だったという―。 【写真】体重は-15kgまで落ちてしまったという...
女優の古村比呂、22回目の抗がん剤治療を報告「投与中はチョイと違和感」

女優の古村比呂、22回目の抗がん剤治療を報告「投与中はチョイと違和感」

女優の古村比呂が13日に自身のアメブロを更新。22回目の抗がん剤治療を受けたことを報告した。 【映像】抗がん剤治療で脱毛後の古村比呂   子宮頸がんの「再々再発」でステージ4と公表し治療を受けている古村は、この日「4週間振りに22回目の抗がん剤治療DAY」と述べ「無事投与しました」と22回目の...
なかやまきんに君が通う「妖怪セミナー」で家庭崩壊 被害訴える声続出

なかやまきんに君が通う「妖怪セミナー」で家庭崩壊 被害訴える声続出

「妖怪を追い払えば幸せが訪れる」などと参加者に説くスピリチュアル系のセミナー「本源セミナー」。お笑い芸人のなかやまきんに君(45)が複数回参加していることでも知られる。そんな本源セミナーの“信者”の家族から、被害を訴える声が続々と上がっていることが「週刊文春」の取材で分かった。“信者”の複数...
秋山竜次はYouTube関連だけで1億円超の収入?大河出演芸人の副業

秋山竜次はYouTube関連だけで1億円超の収入?大河出演芸人の副業

学識高い天皇の側近を演じるお笑いトリオロバートの秋山竜次(45)と吉高由里子演じる主人公・まひろの従者を演じるカラテカ矢部太郎(46)。NHK大河ドラマ「光る君へ」で、本業とは違う輝きを見せる2人の芸人。しかし、彼らには役者以外にも副業が! 【写真】この記事の写真を見る(5枚) ◆◆◆ 秋山のユーチュ...
「超問題児」だった元48グループのメンバー ノブコブ吉村が当時の印象語る

「超問題児」だった元48グループのメンバー ノブコブ吉村が当時の印象語る

お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇(43)が7日配信のABEMA「しくじり先生俺みたいになるな!!」(毎月第1〜3金曜後9・30)に出演。アイドルグループSKE48の元メンバーでタレントの三上悠亜(30)について語った。 今回の番組出演者である三上は2009年にSKEでデビューし、14年に卒業。その後は恵比寿...
安めぐみ、結婚13年・東貴博との会話は減少も「謎の行動は増えた」嘆き

安めぐみ、結婚13年・東貴博との会話は減少も「謎の行動は増えた」嘆き

タレントの安めぐみが、3日放送のテレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋』(毎週月〜金曜13:00〜)に出演する。 安めぐみ=テレビ朝日提供 ○■安めぐみ、第2子出産後仕事復帰へ 今年の1月に第2子である娘を出産し、いよいよ仕事復帰となる安。夫の東貴博は長女の時より子育てを手伝ってくれている。そんな夫は...

コメント(29)

名前
コメント
※必須
  1. 名無しさん 2017/02/04 07:40 ID:63c6f2cf

    0

    通報する

    ドラえもんが、と思うと本当に辛い。痴呆症の方も知ってたけど、本当に大変。治る時代が来たらと、祈ります

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  2. 名無しさん 2017/02/04 07:32 ID:f290bb79

    0

    通報する

    どうしても大山のぶ代にスポット当たってしまうが砂川さんの方が100倍気の毒だと思うし辛い日々だと思う。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  3. 名無しさん 2017/02/04 07:31 ID:82126027

    0

    通報する

    寂しい、ドラえもんが今あるのはあなたがいたからです!

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  4. 名無しさん 2017/02/04 07:22 ID:d414534c

    0

    通報する

    ドラえもんも分からなくなってるのは悲しいけど自分の世代はどこまで行ってもドラえもんは大山さん。
    少しでも穏やかに生活出来る事を望んでいます。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  5. 名無しさん 2017/02/04 07:14 ID:f79b721b

    0

    通報する

    他は慣れたけど、ドラえもんだけはどうしても慣れない。
    やはり大山さん世代なんだな…と思う。

    また2人で暮らせると良いですね。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  6. 名無しさん 2017/02/04 07:10 ID:7744f1fa

    0

    通報する

     長生きの時代はいいけど
     辛いことも多い……。
     

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  7. 名無しさん 2017/02/04 07:08 ID:c12a829e

    0

    通報する

    いい話なんでしょうが、辛い話ですね。 性格の不一致とかですぐ離婚する芸能界の中では、珍しいことかもしれません。 大変でしょうが、頑張ってくださいとしか言えません。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  8. 名無しさん 2017/02/04 07:05 ID:76fe89c2

    0

    通報する

    ドラえもんのことも忘れちゃったのかな。
    認知症は誰のせいでもないけど、なんか悲しい。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  9. 名無しさん 2017/02/04 07:00 ID:8ba2fe7d

    0

    通報する

    一斉にドラえもんの声優が代わる時に
    まだ変えなくても…今の60代70代は若いよ、なんて少し思ったけど
    バタバタになって交代するより、各役の声優が全力で演じたラストの声を聴けたのは結果的に良かったのかもしれないと思うようになった
    今のドラえもんにもすっかり慣れたけど、でもやっぱり自分の思い出は大山さんの声がカギで開いて蘇る

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  10. 名無しさん 2017/02/04 06:56 ID:842e6651

    0

    通報する

    のぶ代さんが忘れてしまっても貴女がドラえもんだった事を僕らは忘れません。
    どうか長生きしてください

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
http://scoopire.net