芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

Twitterで話題になった「舞妓の実態」告発 花街扱った作品にも非難相次ぐ

Twitterで話題になった「舞妓の実態」告発 花街扱った作品にも非難相次ぐ

2007年、柴咲コウは『舞妓haaaan!!!』のイベントで舞妓らと登壇した

「芸妓や舞妓の方々が適切な環境のもとで、芸妓や舞妓としてご活動いただくことが重要であると考えております」

後藤茂之厚生労働大臣までもが6月28日の記者会見でこう言及したのは、6月26日に「元・舞妓」を名乗る女性のツイートが発端だ。

女性は、京都のいわゆる「花街」と呼ばれるお茶屋や置屋が集まった地域で舞妓をやっていたとして「16歳での飲酒強要」「客との混浴の強要」「住み込みで無給」などがあったと告発している。

さらに女性は《私は5000万円で処女を売られそうになった。そしてそのお金、舞妓自身は貰えない》と、人身売買のようなやり取りまでおこなわれているとツイートしている。

労働基準法に照らし合わせれば、18歳未満の年少者を、夜10時以降の深夜に労働させることは違法。もちろん20歳未満での飲酒も違法だ。

しかし、後藤大臣は「一概にお答えすることはできない」と話し、置屋などが労働基準法上での事業場かどうかを明言することは避けた。

「伝統文化」の名のもとに人権を脅かすような行為がなされていたとする、この告発を受け、京都の花街には、厳しい批判が上がっている。

そして、その批判は舞妓を題材にした作品にも飛び火し始めたのだ――。

2000年以降、話題になった映画作品で思い起こすのは宮藤官九郎脚本作品の『舞妓haaaan!!!』(2007年)だ。阿部サダヲ演じるサラリーマン・鬼塚が京都の花街で舞妓を追いかけ続けるというコメディ映画で、鬼塚に捨てられた彼女(柴咲コウ)が、見返すために舞妓になるという描写もある。

2014年に公開されたのは、上白石萌音が主演の『舞妓はレディ』。こちらは周防正行氏が監督を務めたミュージカル風の作品で、地方からやってきた主人公が、立派な舞妓を目指すという物語だ。

どちらも花街が「華やかな世界」として美化して描かれた映画だったが、その演出に対して、インターネット上では非難の声が上がっている。

《前に舞妓Haaaanってコメディ映画あったけど、舞妓さんの世界の暗部に全く触れずにポップに消費されててすごい違和感あった。》

《「大人の遊び」とか「嗜み」とか、聞いて呆れる。こういう人の発信で「悪い習慣だけ」消え去ってほしい。『舞妓Haaaan!!!』とか作った人も、それに影響を受けた人もどう思ってるんだろう》

《邦画『舞妓はレディ』も、京都人は皆うすうす知っていたという書き込みもあるし、制作者は花街のそういう面も知っていて、ああいう映画を制作したのなら、未成年の性を貪る業者の共犯みたいなもんじゃないのか?》

また、芸能記者は今後、公開される「舞妓作品」についても言及する。

「配信大手『Netflix』で、2022年中に世界配信予定のドラマ『舞妓さんちのまかないさん』です。あの是枝裕和氏が総合演出、有名プロデューサーの川村元気氏が企画で携わる大型作品です。

森七菜さんと出口夏希さんのダブル主演で、花街で舞妓が共同生活を営む『屋形』のまかない(調理人)を森さんが、将来を期待される舞妓を出口さんが演じます。

ほかにも橋本愛さん、松岡茉優さん、常盤貴子さんなどが芸妓や花街の関係者として出演すると発表されています。アニメ版はNHKEテレで放送され、たいへん好評でした」

インターネット上でも『舞妓さんちのまかないさん』への影響を心配する声が上がっている。

《これから舞妓さんちのまかないさんが実写で配信されるって時にこれは…大丈夫かな、心配だな、》

《舞妓さんちのまかないさんが叩かれないか心配ダス…》

《是枝さんの舞妓さんちのまかないさんは、舞妓の問題も描くのかな。。》

現実の問題に向き合って、作品を作ることがよりいっそう求められそうだ。

Twitterで話題になった「舞妓の実態」告発 花街扱った作品にも非難相次ぐ 外部サイト 柴咲コウが「資産50億円」IT社長と5時間の密談 洋服ブランドも立ち上げた「柴咲コウ」1年ぶりのドラマ現場撮 柴咲コウが火をつけた「種苗法改正」なにが問題だったのか 「舞妓」をもっと詳しく

元舞妓の告発に波紋広がる支援財団は「事実なら対応を考える」 厚労相が「舞妓の闇」問題に見解「適切な環境で活動することが重要」 元舞妓が16歳での飲酒や混浴を告発か花街関係者からも衝撃の声

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • +お気に入り登録

関連芸能ニュース

B'zやKAT-TUNの公演中に客がタンバリンを叩く?目撃談が相次ぐ

B'zやKAT-TUNの公演中に客がタンバリンを叩く?目撃談が相次ぐ

ロックユニット・B'zが、7月27日〜30日にかけてAichiSkyExpo(愛知県国際展示場)で「B'zLIVE-GYM2022」を開催。根強い人気を誇るユニットだけに、ネット上にはファンが書き込んだ感想も散見されるが、「一部の観客がライブ中に“タンバリンを叩いていた”との目撃談がTwitterユーザーから報告されていて、物議...
舟山久美子「前日まで挫けそうになり悩んだけれど…」2度の延期を経て、3年越しの結婚式

舟山久美子「前日まで挫けそうになり悩んだけれど…」2度の延期を経て、3年越しの結婚式

モデルでタレントの“くみっきー”こと舟山久美子が8月7日にブログを更新し、7月31日に挙げた結婚式を振り返った。 舟山は「世界一幸せな瞬間」と題したブログで、「大好きな皆様に囲まれて無事、結婚式を挙げる事ができました」と報告。ウェディングドレス姿のほか、新郎とのツーショットなど挙式の様子がわか...
64歳・増田惠子、ワンピ&ハイヒール姿を公開「綺麗過ぎます」などの声

64歳・増田惠子、ワンピ&ハイヒール姿を公開「綺麗過ぎます」などの声

一世を風靡(ふうび)した女性デュオ「ピンク・レディー」の増田惠子(64)が8日までに自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。 増田は歌番組に出演した際の白いシャツワンピースにハイヒール、髪をひとつにまとめたファッションでほほえむ姿をアップ。「歌い終わって、緊張がほぐれた楽屋...
さかなクン役、ジェンダーを超えたキャスティングの理由

さかなクン役、ジェンダーを超えたキャスティングの理由

お魚への熱烈な愛情に裏打ちされた豊富な知識とユーモラスなキャラクターで人気のさかなクンの半生を、のん主演で映画化した『さかなのこ』(9月1日公開)。本作のメガホンをとった沖田修一監督が、のんをさかなクン役にキャスティングした理由を語った。 さかなクンの半生をつづった自伝「さかなクンの一魚一...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net