芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

上原多香子 熱愛報道の2日前に「籍を抜きたい」と提案

上原多香子 熱愛報道の2日前に「籍を抜きたい」と提案

ヒップホップグループ『ET-KING』のメンバーで、2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさん(本名・森脇隆宏さん、享年35)さんが、家族やメンバー、妻・上原多香子(34才)へ宛てた遺書の存在が明らかになった。

遺書の中で上原が俳優・阿部力(35才)と交際していることに触れたTENNさん。本誌・女性セブンは、8月上旬、大阪の実家をたずねた。そこで、弟の森脇義宏さん(仮名)は重い口を開いた。

「遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。でも、葬儀の準備や、静かに見送ってあげたいという思いしかなく、自分たちの心だけに留めようとなったんです。遺書にはぼくたち家族に向けて《あまり多香子を責めないでやってください》という最後の願いが書かれてましたし、母も“森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん”って。遺書は多香子さんやET-KING関係者のほか、すぐに駆けつけてくれた今井絵理子さん(33才)も読みました」

さらに、TENNさんのスマホには、上原と阿部のLINEでのやりとりやふたりの写真などが保存されていたという。上原のスマホを見てしまったTENNさんがその画面を撮影したものと思われる。

「両親もぼくも、自殺はあかんもんやと思っていましたし、みんなに迷惑かけて、みんなが傷ついて悲しい思いをしてる上に、自殺の真相なんて話す気にはなられへんかった。母は多香子さんに、“籍を抜いていいよ”とことあるごとに言っていました。それは縁を切るという意味ではなくて、あくまで乗り越えていってほしいという思いからやったんです」(義宏さん)

昨年の三回忌法要の直前にも、TENNさんの母・和子さん(仮名)は上原に“森脇の名”を捨てるようすすめたという。すると上原から、1通の手紙が届いた。そこには次のように綴られていた。

《私、森脇のままでいさせてください。お仕事を再開して「上原多香子」として呼ばれ過ごす時間が長くなり、ふとした時、自分に戻った時、仕事場でも「森脇」と答えた瞬間に、あぁ〜私は森脇多香子なんだなぁと思いました》

潮目が大きく変わったのは、今年5月、上原と演出家のコウカズヤ氏(40才)の熱愛がフライデーされたことだった。

「記事が出る2日前に、多香子さんがこっちに来たんです。こういう記事が出ます。おつきあいしている人がいるんです、って。それで急に籍を抜きたいって言ったんです。半年ちょっと前に森脇のままでいたいって手紙を寄越したのはなんやったんやろうなって。その後、実際に森脇から上原に戻したと聞きました。今では、なかなか連絡も取れんようになってます」(義宏さん)

すれ違いが生じた上原と遺族の間では、解決策として金銭のやりとりの話題も出た。上原からは「月々一定の金額を払う」という提案があったが、遺族側は「ずっと縁を持ち続けることはできない」と拒否しているという。

TENNさんの家族には、上原の熱愛が「TENNさんの死を乗り越えて」と評価されたことも重荷になった。

「“ようやく立ち直った”とか書かれてるのを見たとき、どっと脱力感に襲われました。もともと格差があったとされていますが、多香子さんのこういうニュースが出るたびに、天国の兄は毎回ひどい言われようをしてしまうんやとしたら、どうにもいたたまれなくって。父や母の憔悴ぶりを見ると悔しくて…」(義宏さん)

女性セブンは、上原と阿部にコンタクトを取った。8月上旬、都内の自宅マンションから出てきた上原は、新恋人であるコウ氏と固く手を握り合っていた。

──森脇家から籍を抜かれたそうですね。

「三回忌を終えて、ひとつ自分の中で区切りをつけなくてはというのもあって」

だが、次の質問で阿部の名前を出し、不倫と自死の関係について問いかけると、一気に顔色が曇った。

「相手方にご迷惑をかけることもあるので、私がここでお話しできることはなくて。すみません」

以降、どんな問いを投げかけても「お話しできることではありません」の一点張りで、自宅へと戻った。

一方、阿部にも心境を聞こうと携帯電話を鳴らすと、電話口に出た阿部は「10分後にかけ直してほしい」と言って電話は切れた。その後、約束の時間になって繰り返し電話をかけても、阿部が対応することはなかった。

女性セブンは阿部の所属事務所に、上原との不倫関係やTENNさんの死についての見解、今年5月に和子さんからの電話に阿部が号泣して謝罪したとされることなどの事実関係を確認する質問書を送った。しかし、本稿締め切りまでに回答はなかった。

※女性セブン2017年8月24・31日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣が最高にカワイイ作品 1位は「逃げるは恥だが役に立つ」

新垣結衣ことガッキー人気が止まらない。昨年秋に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。森山みくりには誰もが恋をした。世の中には「ガッキーかわいい」を連呼する“逃げ恥おじさん”まで登場。とはいえ、ガッキーがかわいいのは森山みくりだけじゃない! 今年は『コード・ブルー』のシーズン3に出演...
「世にも奇妙な物語」の「ががばば」が復活 久慈暁子アナが過去に出演

「世にも奇妙な物語」の「ががばば」が復活 久慈暁子アナが過去に出演

フジテレビ系の人気シリーズ「世にも奇妙な物語’17秋の特別編」(14日・後9時)で、衝撃の話題作「ががばば」が復活する。 15年秋、絶対に検索してはいけない言葉として話題沸騰となった「ががばば」。この言葉をヤフー上で検索すると恐怖映像が流れると話題になった。今作では「ががばば」新章として...
上原多香子が連日新恋人に同伴?飲み会で見せた「まるで妻」ぶり

上原多香子が連日新恋人に同伴?飲み会で見せた「まるで妻」ぶり

「酔っ払った様子で、コウさんじゃない男性に抱きついていたので、ちょっと驚きました(笑)。上原さんは『私にできることないかな』『何か手伝いたい』と繰り返していました」(居合わせた客) 9月下旬、都内の居酒屋。劇団「BuzzFestTheater」の公演後の打ち上げで、長身の男性を横に仲間たちと飲み交わす美...
不倫騒動後の上原多香子のいま 仕事ゼロでも生活に余裕か

不倫騒動後の上原多香子のいま 仕事ゼロでも生活に余裕か

欲情に任せた不倫の果てに元夫・TENNさん(享年35)の自殺を招いたとされるSPEEDメンバーの上原多香子(34)。騒動の影響は甚大で、新規の仕事のオファーが皆無になってしまったことを『女性自身』(光文社)が報じている。 「最近の露出でいえば、騒動発覚前に収録されたドラマ『司法教官・穂高美子』(テレ...
上原多香子の交遊関係が派手になった原因は マネージャーの教育なくなる?

上原多香子の交遊関係が派手になった原因は マネージャーの教育なくなる?

俳優の阿部力とのW不倫が原因で、夫でET-KINGのTENNさんが自殺したことが報じられた、SPEEDの上原多香子だが、不倫が原因で離婚した妻に訴えられた作家の乙武洋匡氏との接点が浮上していたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。 同誌によると、上原と乙武氏は12年に上原が結婚する前からライブ...
上原多香子の不倫騒動、TV局が自主規制の理由「遺族がいるため」

上原多香子の不倫騒動、TV局が自主規制の理由「遺族がいるため」

「申し訳なくて言葉がない。でも、おれだけじゃないのに…」。阿部力(35才)は、ポツリとそう漏らしていたという。 前号の女性セブン(8月10日発売)で報じた、SPEED・上原多香子(34才)の夫でヒップホップグループ・ET-KINGのTENN(テン)さん(享年35)の自死の真相。 報道後、上原は舞台『のど自慢』の千...
今井絵理子議員 上原多香子の不倫を陰で指南していたと噂

今井絵理子議員 上原多香子の不倫を陰で指南していたと噂

この7〜8月に不倫疑惑が相次いで報じられた、「SPEED」のメンバー、今井絵理子(33、参議院議員)と上原多香子(34、タレント)。 今井絵理子は『週刊新潮』(7月27日発売)で自民党の神戸市議会議員・橋本健氏との「熱愛」が報じられて以来、雲隠れしてしまい、議員として何も活動していないという。 また...
西内まりやのビンタ騒動 ライジング側がリークか

西内まりやのビンタ騒動 ライジング側がリークか

記事によると、西内はかねてから体調不良を繰り返しており、ライジングは回復のためと、仕事をストップしていたそうだ。その間、西内とライジングは意思疎通が取れなくなり、関係が悪化し、今回の殴打事件が勃発してしまったという。社長に対する暴力に関して、西内の代理人は事実を否定しているものの、ライ...
室井佑月氏がダブスタ批判に激怒で炎上中 怒りの理由は図星だったから?

室井佑月氏がダブスタ批判に激怒で炎上中 怒りの理由は図星だったから?

作家でタレントの室井佑月が、「あるアナウンサーから『ダブルスタンダード』と批判された」という不満を公にして炎上中だ。ネット上では「そのアナウンサーの方が正論」「室井のダブスタは有名」と室井への反論が多々。皮肉にも、彼女が活躍するテレビ界では「室井さんはダブスタなことで仕事がある」という...
消滅した自民党の「タレント候補者」 名前挙がっていた芸能人たち

消滅した自民党の「タレント候補者」 名前挙がっていた芸能人たち

 10月の衆議院選挙で自民党の「タレント候補者」として事前に数名がリストアップされていたという話があるのだが、その中に女優の藤原紀香や、元AKB48の高橋みなみの名前が挙がっていたという。衆院解散のウワサが流れだした6月ごろ、ある選挙対策関係者の書類に、ハッキリ記されていたというのだ。 信頼...
マツコ・デラックスが初めて出口調査に遭遇 「ウソだと思ってた」

マツコ・デラックスが初めて出口調査に遭遇 「ウソだと思ってた」

タレントのマツコ・デラックスが23日、月曜コメンテーターを務めるTOKYOMX「5時に夢中!」に出演。22日に開催された衆院選で、「初めて」出口調査に遭遇したことを驚きながら明かした。 衆院選の投票に行ったというマツコ。出口調査の話題で「今回、初めて遭った!」「今までで初めて〜」と興奮...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net