芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

上原多香子 熱愛報道の2日前に「籍を抜きたい」と提案

上原多香子 熱愛報道の2日前に「籍を抜きたい」と提案

ヒップホップグループ『ET-KING』のメンバーで、2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさん(本名・森脇隆宏さん、享年35)さんが、家族やメンバー、妻・上原多香子(34才)へ宛てた遺書の存在が明らかになった。

遺書の中で上原が俳優・阿部力(35才)と交際していることに触れたTENNさん。本誌・女性セブンは、8月上旬、大阪の実家をたずねた。そこで、弟の森脇義宏さん(仮名)は重い口を開いた。

「遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。でも、葬儀の準備や、静かに見送ってあげたいという思いしかなく、自分たちの心だけに留めようとなったんです。遺書にはぼくたち家族に向けて《あまり多香子を責めないでやってください》という最後の願いが書かれてましたし、母も“森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん”って。遺書は多香子さんやET-KING関係者のほか、すぐに駆けつけてくれた今井絵理子さん(33才)も読みました」

さらに、TENNさんのスマホには、上原と阿部のLINEでのやりとりやふたりの写真などが保存されていたという。上原のスマホを見てしまったTENNさんがその画面を撮影したものと思われる。

「両親もぼくも、自殺はあかんもんやと思っていましたし、みんなに迷惑かけて、みんなが傷ついて悲しい思いをしてる上に、自殺の真相なんて話す気にはなられへんかった。母は多香子さんに、“籍を抜いていいよ”とことあるごとに言っていました。それは縁を切るという意味ではなくて、あくまで乗り越えていってほしいという思いからやったんです」(義宏さん)

昨年の三回忌法要の直前にも、TENNさんの母・和子さん(仮名)は上原に“森脇の名”を捨てるようすすめたという。すると上原から、1通の手紙が届いた。そこには次のように綴られていた。

《私、森脇のままでいさせてください。お仕事を再開して「上原多香子」として呼ばれ過ごす時間が長くなり、ふとした時、自分に戻った時、仕事場でも「森脇」と答えた瞬間に、あぁ〜私は森脇多香子なんだなぁと思いました》

潮目が大きく変わったのは、今年5月、上原と演出家のコウカズヤ氏(40才)の熱愛がフライデーされたことだった。

「記事が出る2日前に、多香子さんがこっちに来たんです。こういう記事が出ます。おつきあいしている人がいるんです、って。それで急に籍を抜きたいって言ったんです。半年ちょっと前に森脇のままでいたいって手紙を寄越したのはなんやったんやろうなって。その後、実際に森脇から上原に戻したと聞きました。今では、なかなか連絡も取れんようになってます」(義宏さん)

すれ違いが生じた上原と遺族の間では、解決策として金銭のやりとりの話題も出た。上原からは「月々一定の金額を払う」という提案があったが、遺族側は「ずっと縁を持ち続けることはできない」と拒否しているという。

TENNさんの家族には、上原の熱愛が「TENNさんの死を乗り越えて」と評価されたことも重荷になった。

「“ようやく立ち直った”とか書かれてるのを見たとき、どっと脱力感に襲われました。もともと格差があったとされていますが、多香子さんのこういうニュースが出るたびに、天国の兄は毎回ひどい言われようをしてしまうんやとしたら、どうにもいたたまれなくって。父や母の憔悴ぶりを見ると悔しくて…」(義宏さん)

女性セブンは、上原と阿部にコンタクトを取った。8月上旬、都内の自宅マンションから出てきた上原は、新恋人であるコウ氏と固く手を握り合っていた。

──森脇家から籍を抜かれたそうですね。

「三回忌を終えて、ひとつ自分の中で区切りをつけなくてはというのもあって」

だが、次の質問で阿部の名前を出し、不倫と自死の関係について問いかけると、一気に顔色が曇った。

「相手方にご迷惑をかけることもあるので、私がここでお話しできることはなくて。すみません」

以降、どんな問いを投げかけても「お話しできることではありません」の一点張りで、自宅へと戻った。

一方、阿部にも心境を聞こうと携帯電話を鳴らすと、電話口に出た阿部は「10分後にかけ直してほしい」と言って電話は切れた。その後、約束の時間になって繰り返し電話をかけても、阿部が対応することはなかった。

女性セブンは阿部の所属事務所に、上原との不倫関係やTENNさんの死についての見解、今年5月に和子さんからの電話に阿部が号泣して謝罪したとされることなどの事実関係を確認する質問書を送った。しかし、本稿締め切りまでに回答はなかった。

※女性セブン2017年8月24・31日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

花より男子のイケメン御曹司4人組「F4」再共演が難しい理由

花より男子のイケメン御曹司4人組「F4」再共演が難しい理由

  4月25日にモデルの秋元梢(30)と結婚した俳優の松田翔太(32)が28日、自身のインスタグラムを更新。人気ドラマ「花より男子」(TBS系)のイケメン御曹司4人組「F4」の画像を掲載し、「花男」ファンから喝采を浴びている。   松田は写真を掲載し、「大好きな兄弟に祝われましたTakenby道明寺」と...
上原多香子の「仕事復帰」の裏側 事務所は「飼い殺し」状態か

上原多香子の「仕事復帰」の裏側 事務所は「飼い殺し」状態か

俳優の中村俊介が主演を務める29日放送のフジテレビ系特別ドラマ「浅見光彦シリーズ53浅見光彦殺人事件」のヒロインを女優の上原多香子が演じるが、放送までの舞台裏を発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。 上原は昨年5月、演出家のコウカズヤ氏との交際が発覚し、その後、同棲中であることも報じら...
上原多香子 浅見光彦出演にファン動揺「すごいタイミング」

上原多香子 浅見光彦出演にファン動揺「すごいタイミング」

  今作で中村俊介(43)が主人公・浅見光彦役を卒業すると報じられたドラマ「浅見光彦シリーズ53浅見光彦殺人事件」(フジテレビ系)。その最終回に上原多香子(35)の名前が上がっていると、話題を呼んでいる。   榎木孝明(62)から「浅見光彦」を03年に引き継ぎ、39作出演した中村。27歳から出演...
元AKB大島優子や原幹恵ら芸能人の「留学」ごほうび的な意味も?

元AKB大島優子や原幹恵ら芸能人の「留学」ごほうび的な意味も?

一般社団法人「海外留学協議会」の統計によると、2016年の1年間で学生・社会人を含めた20万人超の日本人が、海外へ留学したという。今やそう珍しくもない「留学」だが、近頃は芸能界でも耳にする。彼らは、何を求めて海の向こうへ――? *** 元グラビアアイドルの原幹恵(30)が、芸能活動の休業を発表したの...
上原多香子が格安マンションに転居、恋人は「そっとしておいて」

上原多香子が格安マンションに転居、恋人は「そっとしておいて」

さくらと一郎の「昭和枯れすすき」とは異なり、愛する男と一緒ならば、貧しさにも世間の冷たさにも負けないということか。自らの不貞が原因で夫を自殺に追いやったとされる元SPEEDの上原多香子(35)。以来、芸能活動もままならず、庶民派マンションに転居し、新恋人とともに慎ましく暮らしていた――。 *** ...
「説得力ない」と批判殺到 今井絵理子議員がRADWIMPSの楽曲を擁護

「説得力ない」と批判殺到 今井絵理子議員がRADWIMPSの楽曲を擁護

人気バンド・RADWIMPSのボーカルの野田洋次郎(32)が6月11日、自身のTwitterを更新。自身が作詞した楽曲「HINOMARU」の歌詞をめぐるネット上での騒動について謝罪した。 「HINOMARU」は、6日に発売された同バンドのニューシングル「カタルシスト」に収録されているカップリング曲。強烈な愛国心を思わせる歌...
今井絵理子議員の率直な気持ち「誰が何と言おうが息子を一番愛している」

今井絵理子議員の率直な気持ち「誰が何と言おうが息子を一番愛している」

参議院議員の今井絵理子氏(34)が4日、ブログを更新し、「私にとって、誰が何と言おうが、息子を一番愛しています」と母としての率直な気持ちを表した。 今井議員は「3月に入り参議院では予算委員会がはじまりました」として、最近の活動を紹介。震災後教育の視察や、八ッ場ダムの視察に訪れたことなど...
今井絵理子、不倫を笑いのネタに講演 ハシケン書類送検の折も折…

今井絵理子、不倫を笑いのネタに講演 ハシケン書類送検の折も折…

より速く、より高く、より強く。彼女はこのオリンピック精神でも実践しているつもりなのだろうか。「より速く」スキャンダルを「昇華」させてしまいたいと――。自民党の今井絵理子参院議員(34)に「新幹線手つなぎ不倫」が発覚して、まだ半年ちょっとしか経過していない。にも拘(かかわ)らず、彼女は目下、...
20年前の自分に教えたい 平成に起きたエンタメに関する事件を調査

20年前の自分に教えたい 平成に起きたエンタメに関する事件を調査

昨年、政府から天皇陛下が2019年の4月に退位することが発表された。 今年で85歳を迎える今上天皇は高齢と健康上の理由で公務を果たすことが難しくなったいう報道がなされている。それに伴い、2019年5月1日より新元号が施行されることになった。 平成も残すところ1年弱、この30年で芸能界にもいろいろなニュ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net