芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ナスD出演の「陸海空」裏方がメインを張るデメリットを解説

ナスD出演の「陸海空」裏方がメインを張るデメリットを解説

『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系・毎週火曜午後11時15分〜)が、10月から土曜夜10時に昇格する。その原動力であり番組の顔が、“ナスD”の愛称で知られる友寄隆英ディレクター。毎回タレント並みの体当たりチャレンジに挑んでいる名物スタッフだ。番組を作る「裏方」がテレビ出演するメリットはどこにあるのか。また思わぬデメリットは?そこから番組の未来も見えてきた。

現実的な利点として「番組予算が浮く」。ナスDはテレ朝のイチ社員。タレントに支払うような高額なギャラがかからない。経費削減が迫られるテレビ局にとってはもっとも歓迎すべきことだろう。

撮影する上でもメリットがある。タレントのロケスケジュールの調整、ロケの説明、ロケ中のアテンドをするといったような手間がなくなるため、スタッフの精神的、肉体的な負担が少なくなる。

◆「ディレクターなのに」というギャップが視聴者を惹きつける

ディレクターはロケを俯瞰で見ることができるため、ナスDもカメラの前に立ちながら、自分のどこが面白いのか、何に視聴者が感動してくれるのか冷静に判断しているはず。だから、映像を自ら編集し、ナレーションも書くことができる。ただ、より客観性をもたせるために使いどころだけ日本にいるスタッフに指示し、あとは編集してもらっている可能性もある。


視聴者へのアピールも絶大だ。「作り手」の顔が常に見えることで、番組との距離感が縮まり、親近感、愛着度も増す。

「ディレクターなのに〇〇」というギャップも効いている。例えば、ナスDは巨大カタツムリやとうもろこしの芯、ピラニアの仲間とされる魚など、あらゆるものを躊躇なく食べたり、茶色く濁った川で全裸で水浴びしたり、“ジャングル最強”といわれるアルコール度数50度のお酒を何杯も飲んで現地の人から「お前正気か」と驚かれていた。

果ては「ウィト」という果物の果汁が美容に良いと聞くや、「絶対キレイになってやる」と顔に塗りたくる。だがそれは、現地人が入れ墨に使うときの染料でもあったのだ。それを言われて「テレ朝下手したらクビになっちゃう。顔面ぜんぶにタトゥー入ってんねんもん」。顔はたちまち真っ黒に。洗顔しても落ちることはなかった。

もともと視聴者の「裏方」に対する意識は低い。テレビの出役としては素人に近いからだ。だがタレント以上のバイタリティを持っているとその分だけ、衝撃度が増すのである。

ただ彼にとっては「取材記者」としての役割を果たしているだけなのかもしれない。つまり終始「素」のままということだ。

ここまで話題になると少し見せ方を意識したり、「色気」が出たりするかもしれないが、ヒッチハイクをしていた猿岩石のように日本での人気を気にしていないのも良い。むろん、注目されていることを知らないはずがないので、あえて耳に入らないようにしているかもしれない。

◆新鮮味が薄れ、破天荒キャラが「マンネリ」となる危険も

ここからはデメリットだ。今はまだ「ディレクターなのに〇〇」というギャップが視聴意欲に作用しているが、これが見慣れてくると新鮮味も薄まってしまい、ギャップが埋まって“普通”になってくる。

先日の放送では部族の前でゴダイゴの『銀河鉄道999』や坂本九の『上を向いて歩こう』を披露。意外な歌唱力にSNS上は盛り上がった。こうした新たな魅力が毎週更新されていかない限り、いつかは飽きられてしまう。「薦められたらなんでも食べる」というお約束も「わかったよ。またか」となりかねない。マンネリは安心感を生む一方で「飽き」に転換しかねない危険をはらんでいる。

ナスD誕生の経緯は、U字工事が別仕事のため帰国中、同行していた友寄氏がいわば“間つなぎ”としてレポートすることになり、前述のように顔が変色し…と、偶然が重なったことにある。

深夜帯から好きで見ている視聴者は、「番組内スター」誕生の軌跡をリアルタイムで目撃し、応援してきたが、番組が繰り上がり、その経緯を詳しく知らない新たな視聴者からは「内輪ノリ」として揶揄される可能性もある。

放送開始半年でいきなりスターが生まれ、ピークを迎えてしまったことも悩みの種だ。しかし今のところは「ナスDの番組」という認識が定着しているため、メイン企画は彼に委ねるしかない。

しかし、あくまでもナスDはディレクターだ。どこかでナスDとしての自分に区切りをつけ、裏方に戻らないといけないだろう。そのときが、番組にとっては本当の勝負だ。半年に一度のスペシャルで復活させるというように、出し惜しみする戦略も考えられるし、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)がデビュー当時のイモトアヤコをオーディションで選んだように、キャラの強く、素人に近い新人を発掘する企画を立ち上げたりもできるはずだ。新しいプランはいくらでも考えられる。

4月にスタートし、番組の地固めがまだできていないうちにプライム枠に昇格し、いきなり視聴率競争の最前線で戦うことになった同番組。真価が問われるのはこれからだ。(芸能ライター・飯山みつる)

関連芸能ニュース

ナスDも引退宣言?タレント化するディレクターの是非

ナスDも引退宣言?タレント化するディレクターの是非

ここ最近、バラエティ番組では裏方であるはずのディレクターなどが出演し、体を張る芸人以上のインパクトを残す場面が散見される。本来は制作側のいちスタッフなわけだが、素人がゆえの素朴さや、プロっぽくない振る舞いが逆に受けているのかもしれない。今やテレビ業界では定番となっている“裏方の表(番組)...
ナスDで話題の「陸海空 地球征服するなんて」 なぜ他局のパクリ感満載?

ナスDで話題の「陸海空 地球征服するなんて」 なぜ他局のパクリ感満載?

テレ朝で放送中の『陸海空地球征服するなんて』で、10月28日放送回からスタートした新企画「ラブアース」。 芸人、読モ、女優などの男女6人が路線バスを乗り継ぎながら、ホーチミンからハノイまで、ベトナムを縦断する12日間の旅。ルールとして設けられているのは、「ラブミッション」という、毎晩、男性が気...
ナスD、ナマズの卵を躊躇なくパクリ…村人ドン引き「ほんとに食べちゃったよ!」

ナスD、ナマズの卵を躊躇なくパクリ…村人ドン引き「ほんとに食べちゃったよ!」

「豪華客船」「釣り」「ドローン」「部族」「ミステリー」の5つの視点で地球一周の冒険を繰り広げるガチンコ取材のリアル冒険バラエティー番組『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系列、毎週火曜23:15〜※一部地域を除く)。今夜8月29日は、毎回大きな反響を呼んでいるU字工事(福田薫、益子...
極楽とんぼ・山本圭壱 東大卒マネの仕事ぶりに不満爆発

極楽とんぼ・山本圭壱 東大卒マネの仕事ぶりに不満爆発

17日深夜放送のラジオ番組「極楽とんぼオレたちちょこっとやってまーす!」(MBSラジオ)で、極楽とんぼ・山本圭壱が東京大学出身のマネージャーの仕事ぶりに、イラ立ちを爆発させた。 番組では山本が、平昌五輪取材で欠席した相方の加藤浩次の代わりに、平成ノブシコブシ・吉村崇とさまざまなトークを繰り広...
イモトアヤコ 南極大陸で登山に同行した外国人ガイドに怒り爆発

イモトアヤコ 南極大陸で登山に同行した外国人ガイドに怒り爆発

18日放送の「世界の果てまでイッテQ!3時間スペシャル」(日本テレビ系)で、お笑いタレントのイモトアヤコが、登山に同行した外国人ガイドに激怒した。 番組ではイモトが、南極大陸最高峰「ヴィンソン・マシフ」登頂に挑戦した様子をVTR映像で伝えた。ヴィンソン・マシフでは南極経験豊富なガイドの同行が義...
サンドウィッチマンの義援金問題 古市憲寿氏「パフォーマンス?」

サンドウィッチマンの義援金問題 古市憲寿氏「パフォーマンス?」

社会学者の古市憲寿氏(32)が17日放送の「新・週刊フジテレビ批評」(土曜・前5時)に出演し、今年で発生から7年を迎える東日本大震災についてお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(43)、富澤たけし(43)と対談した。 宮城県仙台市出身のサンドの2人は、2011年3月11日の発...
浜田雅功が松本人志の「援護」投稿に感謝 「菓子折り送っておいて」

浜田雅功が松本人志の「援護」投稿に感謝 「菓子折り送っておいて」

  「永島(優美)アナは最初にバンッてツッコんだら『キャーーー』って悲鳴あげてたから、それはやめてって言いましたけど(笑)」   こう語るのは、浜田雅功(54)。8年ぶりにレギュラー放送復活した『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系・日曜19時〜)について、話を聞きました。   新『ジャン...
ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

ほぼすべてを編集者が書いている作品も…ライトノベル界の惨状を語る

毎月、多数のタイトルが出版されているライトノベル。その勢いとは裏腹に、崩壊の兆しが見え始めている。もはや、まともに書ける作家が“枯渇”しているのである。 ここ数年、ライトノベルの世界を席巻しているのが、投稿サイト「小説家になろう」などのネット発の作品。売上の上位を占めているのも「なろう系」...
「金田一37歳の事件簿」ドラマ化されたらキャストは年齢的に堂本剛か

「金田一37歳の事件簿」ドラマ化されたらキャストは年齢的に堂本剛か

<もう“少年”ではいられないーー。> 1月23日発売の『イブニング』(講談社)で、『金田一少年の事件簿』の続編にあたる、『金田一37歳の事件簿』の連載がスタートした。 タイトル通り、37歳になった金田一一(きんだいちはじめ)が登場するが、大人になった“はじめちゃん”は、探偵として活躍しているわけでな...
アンチに悩んだ生駒里奈の卒業 握手会などの接触商法は限界か

アンチに悩んだ生駒里奈の卒業 握手会などの接触商法は限界か

今、日本のアイドルたちの働き方が問われている。ももいろクローバーZの有安杏果が1月15日に卒業発表をすると、1月31日には乃木坂46の生駒里奈が同グループからの卒業を発表。昨年は、でんぱ組.incの最上もがが体調不良を理由に脱退、AKBグループでもHKT48の兒玉遥、AKB48・チーム8の早坂つむぎ、乃木坂46の北...
冬ドラマに溢れるジャニーズタレント 全方位営業で印象づける事務所の戦略

冬ドラマに溢れるジャニーズタレント 全方位営業で印象づける事務所の戦略

人気グループからまんべんなく主演俳優が出ています(撮影:今井康一、尾形文繁) 2018年スタートの冬ドラマが次々に始まっていますが、あちらこちらで聞こえてくるのは、「これもジャニーズ主演?」「今期は多くない?」という声。 実際、プライム帯(19〜23時)で、元SMAPの木村拓哉さん主演「BG〜身辺警護...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net