芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ローラの「干され」説に別の見方も アメリカでの成功のため自らセーブか

ローラの「干され」説に別の見方も アメリカでの成功のため自らセーブか 最近はバラエティなどテレビのレギュラー出演は「ゼロ」という状態にある、タレントのローラ(27)。不定期出演はあるが、ローラ公式サイトに書かれた2017年8月の出演番組は1本だけだ。

所属事務所とのトラブルも伝えられており、『週刊文春』(8月17・24日号)はローラの「親友」を取材して「10年奴隷契約書」について取り上げている(同誌がロサンゼルスで直撃したローラの答えは「ん〜」ばかりで、認めてはいない)。

◆アメリカ進出のために仕事をセーブ

事務所とのトラブルのせいで「ローラは干されている」と報じたメディアもあるが、芸能関係者に取材すると、別の見方もあるらしい。ローラ自身が「何が何でもアメリカで成功したい」と、日本での仕事をセーブしているというのだ。

「実はローラはオペラが大好きなんです。近い将来、オペラを自分でも舞台で歌って演じてみたいという夢がある。ただ、今は、ハリウッド女優として絶対にアメリカで成功したいという夢があって、時間を調整して、ロスに行っては、英語と演技のレッスンを受けています」(事務所関係者)

2016年12月に公開された『バイオハザード:ザ・ファイナル』で念願のハリウッド進出を果たし、アメリカでの活動を頑張りたいと意欲を燃やしているローラだが、現状、アメリカから映画の出演オファーが来ているわけではない。

「映画『バイオハザード』では端役の一人ですが、大作映画に出たという実績を作れたのは大きい。ローラは、この実績を足掛かりにと思っているようです。そのためには、オーディションで役を勝ち取っていかなければなりません。

日本で次の予定が入ってしまった場合、アメリカでのオーディションにトライすることができません。いつ呼び出されてもいいように、スケジュールをセーブしているようです」(芸能事務所関係)

◆他の事務所にもハリウッド進出の相談を

また、アメリカでの成功を目指す上で、ローラは堺正章(71)を慕っており、何かあるたびに他の事務所にも相談しているという。

「現在の事務所にいてもハリウッド女優の夢は叶えられないかもしれないと焦るあまり、何度か話を聞いているようです。しかしアメリカで、しかもハリウッドで成功するのはハードルが高い。何の実績もないローラが突然、大作映画に出演することはできないでしょう。

そこで、堺さんと関係が深い大手芸能事務所に頼ったと聞いています。この事務所は日本人でハリウッドで活躍している俳優も所属していますので」(芸能事務所関係者)

そういったことから「ローラ移籍」説も出たのだろうか。

◆事務所とのトラブルはどうなった?

そもそも、ローラと所属事務所のトラブルに世間が注目したのは、今年6月中旬の、ローラの一連のツイッターが発端。<黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください>などとツイートしたのだ。
「この“黒い心を持った人”は所属事務所のA社長を指しているようです。しかし、A社長はとても情に厚く、ローラを発掘した人でもあるんです。

A社長は大学卒業後、IT企業に就職した後、芸能事務所の運営に興味があり、モデルをスカウトしてタレント事務所を始めた方と聞いています。A社長はとても音楽が好きで、音楽の世界でも成功させたいと、2012年にローラを有名メジャーレコード会社からデビューさせています。

ポケモン映画15周年記念超大作、劇場版ポケットモンスター『キュレムVS聖剣士ケルディオ』の主題歌の『Memories』をリリースして、iTunesStoreの総合チャートで1位を獲得しましたが、実際にはこのシングル1枚でその後はリリースしていません。
1 2 次へ

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

けやき坂46の柿崎芽実が骨折 ツアー欠席&演出変更を発表

けやき坂46の柿崎芽実が骨折 ツアー欠席&演出変更を発表

【けやき坂46/モデルプレス=12月12日】けやき坂46の公式サイトが11日、メンバーの柿崎芽実が骨折したことを報告。出演予定だった「ひらがな全国ツアー2017FINAL!」幕張公演(12日〜13日)を欠席、演出の変更を行うことを発表した。 「可愛すぎる」けやき坂46・2期生、圧倒的ビジュアルで話題沸騰個性溢れ...
ローラ、トラブル泥沼化も「CM女王」返り咲き「闇が深い」と話題

ローラ、トラブル泥沼化も「CM女王」返り咲き「闇が深い」と話題

所属事務所・リベラとの契約トラブルが注目されているタレント・ローラが、3年ぶりに“CM女王”に返り咲いた。 ニホンモニターが6日に発表した2017年の「CM契約社数ランキング」によれば、ローラはエースコック、コーセー、ユニクロ、ライオン、楽天、リクルートなど15社に起用され、単独首位に。以下、14社の広...
独立騒動に揺れるローラにネガキャン攻撃?怪情報が飛び交う

独立騒動に揺れるローラにネガキャン攻撃?怪情報が飛び交う

独立騒動に揺れる人気タレントのローラ(27)に、追い打ちをかけるような“怪情報”が流れている。これまで所属していた事務所に契約終了を通告し、新事務所を設立したというローラは26日、自身のツイッターを更新。公式ファンクラブ(FC)が解散することを受け、新たなFC立ち上げを示唆した。独立に向...
石原さとみが圏外から首位に「女性が選ぶファッションアイコン」

石原さとみが圏外から首位に「女性が選ぶファッションアイコン」

コートに合う洋服やブーツのコーディネートなど、オシャレが一段と楽しくなる冬の季節。世の女性たちはテレビや雑誌で活躍する誰をファッションの“お手本”としているのか?ORICONNEWSでは10〜50代の女性を対象に、「ファッションアイコンとして注目している女性有名人」についてアンケート調査を実施。その結...
「あらびき団」の敗者復活枠で不正?現場の空気も険悪に

「あらびき団」の敗者復活枠で不正?現場の空気も険悪に

“あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する”TBS系ネタ番組『あらびき団』の年末特番『朝まであらびき団SPあら1グランプリ2017』(29日放送後11:50〜深3:50)の囲み取材が13日、同局内で行われ、MCの東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が出席した。 【写真】『あら-1』2代目王者のハリウッ...
宮根誠司の他には?「隠し子」が発覚した芸能人たち

宮根誠司の他には?「隠し子」が発覚した芸能人たち

人気司会者・宮根誠司に文春砲が向けられた。11月30日発売の『週刊文春』にて、“隠し子”の母である三十代女性のA子さんが、「もう我慢の限界です」と彼のついた嘘について言及。大きな波紋を呼んでいる。 そもそも宮根に隠し子が発覚したのは6年前。『女性セブン』で“隠し子”の存在を明かしていた。とはいえ...
ローラがファンクラブの休止に言及「楽しく交流できる新しい形を準備」

ローラがファンクラブの休止に言及「楽しく交流できる新しい形を準備」

モデルのローラが26日、自身のツイッターを更新。ファンに向けて「今、みんなともっと深く楽しく交流出来る新しい形を準備しているの」と呼びかけた。 【写真】ローラ、太もも露わに下着CMで“女神”に変身 ローラのオフィシャルファンクラブ「ROLA’SFANCLUB」は、今月末をもって休止されることが25日、公式サ...
伝説のネタ番組「あらびき団」12月29日に4時間SPで再復活

伝説のネタ番組「あらびき団」12月29日に4時間SPで再復活

昨年末、地上波の特番として約5年ぶりに復活し、大反響を呼んだ伝説のネタ番組「あらびき団」(TBS系)が、12月29日(金)に4時間スペシャルで登場することが分かった。 “あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組”「あらびき団」は、MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、2007年10月か...
日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本の芸能界のセクハラ事情 松坂慶子も深作欣二監督と連泊の過去?

日本にも芸能界「セクハラ白書」(1) いま、この地球上に76億を超える人間が存在しているのは、言ってみれば性欲の賜物。そして、性欲のあるところにセクハラは付きものである。 太平洋の彼方、米西海岸のハリウッドでは、ハーヴェイ・ワインスタイン(65)なる大物映画プロデューサーが、積年のセクハラの責...
市川海老蔵 現在のテレビ界に警鐘「考えを改める時期が来ている」

市川海老蔵 現在のテレビ界に警鐘「考えを改める時期が来ている」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39歳)が11月10日、来年上演する特別公演「源氏物語第二章〜朧月夜より須磨・明石まで〜」の製作記者会見を行い、囲み取材で元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が11月2日から生放送を行ったAbemaTV特別番組「72時間ホンネテレビ」に出演した感想を述べた。 3人の様子について「元...
市川海老蔵 会見で「新恋人」報道を一蹴「くだらない」

市川海老蔵 会見で「新恋人」報道を一蹴「くだらない」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が10日、都内で市川海老蔵特別公演『源氏物語第二章〜朧月夜より須磨・明石まで〜』の制作発表会見に登壇。一部週刊誌での“新恋人”報道について「いないです」と真っ向から否定した。 【写真】小林麻央さん夫・市川海老蔵とのラブラブ2ショット 海老蔵は先月末に発売された『女...
SMAPの黄金時代を築き上げた育ての親 シンガー兼「婚活大使」に転身

SMAPの黄金時代を築き上げた育ての親 シンガー兼「婚活大使」に転身

「青いイナズマ」「夜空ノムコウ」など、SMAPをデビューから10年間手掛けた音楽プロデューサー、野澤孝智氏(56)が、「GONZO(ゴンゾ)」名義でアーティスト活動を始め、このほど自主制作アルバム「TheBalconyCruise(バルコニー・クルーズ)」を発売した。一方で、富山県南砺...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net