芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に酷評が噴出

18日に全国公開したアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に酷評が噴出し、ネットで話題になっている。

同作はもともとは岩井俊二監督が90年代に手がけたテレビドラマ、および映画作品だが、18日にアニメ映画として公開。広瀬すず、菅田将暉、宮野真守ら当代の人気俳優、人気声優を起用したことでも話題を呼んだが、その内容に対する反応は芳しくないようだ。

とあるTwitterユーザーが公開同日、Twitter上に寄せられた同作のレビューをまとめたものを投稿し「酷すぎて逆に気になりすぎる」とつづった。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の映画レビュー酷すぎて逆に気になりすぎるpic.twitter.com/7SJFZaro7z

—62L(@munieru28)2017年8月18日
画像では「中身がスカスカで君の名は。の二番煎じ」「何も感じなかった」「寝てた方がマシ」などの酷評レビューが紹介され、中には「なぜこのような作品を世に送り出せるのか。詐欺師に等しい」などのコメントもあった。

また別のTwitterユーザーは、「GANTZ」などで知られる漫画家・奥浩哉氏が「退屈な映画」「絵も深夜のテレビアニメくらい」と評した投稿を引用し「打ち上げ花火が完全に不発だった件」とコメントをする。打ち上げ花火が完全に不発だった件pic.twitter.com/WQt3CYN6sG

—セツナ@μ'sicforever(@nenesamagatizei)2017年8月18日
これらの投稿は反響を呼び、酷評レビューをまとめた投稿には、19日13時時点で、3万5000以上のリツイート、4万2000以上の「いいね」を集めている。

19日現在、大手映画レビューサイト「映画.com」や、Yahoo!ジャパンの映画レビューページにおいても、5つ星の平均が2点台と観衆の支持を得ることに苦戦しているようだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ニコ動出身のニュースター米津玄師、配信94万「Lemon」ヒットに見る新たな成功例

ニコ動出身のニュースター米津玄師、配信94万「Lemon」ヒットに見る新たな成功例

米津玄師の「Lemon」(TBS系ドラマ『アンナチュラル』主題歌)が、4/30付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで歴代記録となる10週連続1位を獲得。累計でも94.1万DLと、独走状態が続いている。昨年配信されたDAOKO×米津玄師名義の「打上花火」もロングセールスを継続中。最新アルバム『BOOTLEG』...
東京五輪のエンブレムでパクリ騒動 佐野研二郎氏の現在は

東京五輪のエンブレムでパクリ騒動 佐野研二郎氏の現在は

東京五輪のエンブレムデザインで“パクリ疑惑”が浮上し謝罪した「サノケン」こと佐野研二郎氏(45)。世論の袋叩きに遭ったその後の“消息”が聞こえなかったが、仕事は途切れていないという。 元SMAP3人の公式ファンサイト「新しい地図」のHPを手がけたり、アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横...
実写版「鋼の錬金術師」のレビューが物議 拙い日本語に「中国人雇った?」

実写版「鋼の錬金術師」のレビューが物議 拙い日本語に「中国人雇った?」

12月1日公開予定の実写版映画「鋼の錬金術師」の映画レビューに、公開前から賛否両極端の評価が記載され始め、ネット上で物議を醸している。 同作は漫画家・荒川弘氏の同名漫画を実写化したもので、主演をHey!Say!JUMP・山田涼介が務め、脇を固める演者に本田翼やディーン・フジオカら人気俳優を起用。公開...
元SMAPが72曲完走で感動の嵐 号泣コメントが溢れる

元SMAPが72曲完走で感動の嵐 号泣コメントが溢れる

11月2日(木)21時より生放送中の「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」の最後のプログラムとして、約2時間に渡ってスペシャルライブ「72時間ホンネライブ」が行われた。 スタジオに詰めかけた多くのファンの花道をハイタッチしながらステージに登場し、いよいよ始まっ...
EXOとBTSの曲がロシアW杯最終4試合のスタジアムで SNS投票で決定

EXOとBTSの曲がロシアW杯最終4試合のスタジアムで SNS投票で決定

【EXO・BTS/モデルプレス=7月10日】11日未明(日本時間)のフランス対ベルギー戦より、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会はいよいよ最終4試合を迎える。この度FIFA(国際サッカー連盟)が公式SNSで行った投票によって、韓国のボーイズグループEXOとBTS(防弾少年団)の楽曲が同4試合のスタジアムで流...
倖田來未「め組のひと」が若い世代に人気  ダンスがSNSで急上昇

倖田來未「め組のひと」が若い世代に人気 ダンスがSNSで急上昇

【倖田來未/モデルプレス=6月23日】アーティストの倖田來未がカバーしている「め組のひと」が若い世代に人気だ。 【さらに10代女子のダンス動画を見る】倖田來未版「め組のひと」/「め組のひと」で踊る女子たちの動画 ◆倖田來未「め組のひと」なぜブームに? 「め組のひと」は1983年にラッツ&スターが...
「AKBがきた」高橋みなみらが投稿したパロディ画像に反響

「AKBがきた」高橋みなみらが投稿したパロディ画像に反響

アイドルグループAKB48の元メンバー・高橋みなみが11日、自身のTwitterを更新。HKT48・指原莉乃や、元メンバー・渡辺麻友らとのお茶目な“懐かしショット”を披露し、ネット上で反響を呼んでいる。 懐かしの パロディpic.twitter.com/MDsWulmoDV -高橋みなみ(@taka4848mina)na)June11,2018同日、高橋は「懐かし...
RADWIMPS衝撃の愛国ソング「HINOMARU」を徹底解剖する 「日出づる国の 御名の下に」…

RADWIMPS衝撃の愛国ソング「HINOMARU」を徹底解剖する 「日出づる国の 御名の下に」…

「HINOMARU」は明確に愛国ソング 「さぁいざゆかん日出づる国の御名の下に」などと歌う、RADWIMPSの新曲「HINOMARU」(野田洋次郎作詞・作曲)が「軍歌っぽい」として話題になっている。 軍歌云々はあとで触れるとして、この歌はなにより明確に愛国歌(愛国ソング)である。 まず、歌詞の内容を確認しよう。 ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net