芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

幸運は人から人に運ばれる!島田秀平が明かす勝ち組の共通点

幸運は人から人に運ばれる!島田秀平が明かす勝ち組の共通点
 
「メイプル超合金のカズレーザーさんは、いわゆる“事故物件”に引っ越してから急に運が上向き、仕事が一気に増えたんです」
 
こう話すのは、占い芸人の島田秀平(39)。カズレーザー(33)によると、それはJR新宿駅から歩いて15分ほどにある物件だったという。6畳間で相場では家賃7万円程度の部屋が3万7,000円と格安で貸し出されており、さっそく部屋を見に行くことに。だが畳の中央が黒くシミになっていたことを不審に思い、不動産業者に尋ねたところ、「実は……」と、前の住人が自殺したことを知らされた。
 
「畳ぐらい替えておいてほしいところですが、カズさんは『安いし、いいか』と即決し、そこで暮らし始めたそうです。すると'15年に漫才新人大賞とM-1グランプリで決勝進出と大ブレーク!」(以下・解説コメントはすべて島田秀平)
 
なぜ事故物件に引っ越したことで運が開けたのか?
 
「一般的にはこうした事故物件は運気を下げるといわれているので、お勧めしません。ただお笑い芸人の場合は、自分の不幸をネタにしてまで笑いをとる特殊な仕事です。運で大事なのはバランスです。カズさんの場合はとんでもなく運気の悪い場所に住み始めたことが、“売れない芸人人生”を転換するきっかけになったのでしょう」
 
島田は、運気にまつわるエピソードを耳にするたびに、当事者たちに詳細を聞いているという。今回はそんな強運伝説を紹介するとともに、“運をつかむ人”の共通点を教えてくれた。
 
「運は“はこぶ”とも読みます。読んで字のごとく、幸運は人から人に運ばれるもの。運がよい人になりたければ、強運の人から授かるのがいちばんの早道です」
 
島田が例に挙げるのが「運をもたらす家具」の存在だ。
 
「アンタッチャブルの山崎弘也さん(41)は、M-1グランプリで優勝するなどして大ブレーク直後に、白いテーブルを買っていたんです」
 
収入も増え、転居を決めたザキヤマ。引っ越しの手伝いに来ていた後輩・ゆってぃ(40)に『このテーブルいるか?』と、譲ったという。
 
「すると今度はゆってぃさんがR-1ぐらんぷりサバイバルステージで入賞したんです。その後もテーブルの持ち主になった鬼ヶ島の和田貴志さん(39)がキングオブコントの決勝に進出しました。いまや“ブレークを呼ぶテーブル”として若手芸人たちの垂ぜんの的になっています。ちなみに現在の所有者はHi-Hiの上田浩二郎さん(43)で、『誰にも渡さない』と言っているそう(笑)」
 
また、占い芸人として島田がもっとも得意とする手相だが、強運な人たちは特別な手相を持っていた。
 
「生命線というと長さを気にする人が多いのですが、実は本数が大事なんです。先日、米国のトランプ大統領の手のひらを写真鑑定することになりました。調べてみると、大統領は生命線が縦に2本ある“二重生命線”だったのです。これは一般の人より生命力が2倍の相です。その上をいくのが黒柳徹子さん(84)。なんと生命線が3本!『すごいですよ』というと『あらそう』と笑ってらっしゃいました。私はこれまで3万人以上の手相を見てきましたが、ただ1人だけ生命線が4本あったのがレスリングの吉田沙保里さん(34)。さすが霊長類最強女子の手相です」
 
お笑いレジェンド・萩本欽一(76)が実践するのが、運気コントロール術だ。
 
「萩本さんとは何度かお会いしているのですが、運に対して、独特の考えをお持ちです」
 
半世紀以上にわたり、芸能界で活躍してきた萩本だが、たとえば新しいレギュラー番組を持つことが決まると、競馬で絶対に来ないと予想される馬券を購入していたという。
 
「運というものはバランスであり、よいことが起これば、悪いことも起きる。だから先に損をしておいて、仕事では成功しようという発想です」
 
そんな萩本の前で「最近ツイてないんですよ」と、ボヤく人がいた。彼は「イヤなことがあった日付にちなんだ宝くじを買うといいよ」と、アドバイスしたのだが……。
 
「その人が半信半疑だったので、イヤなことがあった日付を聞いた萩本さんが、その数字にちなんだ宝くじを買ったところ、1等の組違い賞10万円が当たったのです。最初に言ったように、運とは運ばれ動くもの。それをつかまえるのにはなにより行動力が大事で、強運の人たちは、みんなフットワークが軽いです。それにどんなときでも自分の運を信じていますね。誰かに勧められたことを素直に実行してみるのも、運をつかまえる秘訣です」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

カズレーザーが「15年ぶりに泣いた」1冊 アメトーークで紹介し話題

カズレーザーが「15年ぶりに泣いた」1冊 アメトーークで紹介し話題

  11月16日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は、秋の恒例企画「本屋で読書芸人」を放送。又吉直樹(37)、光浦靖子(46)、東野幸治(50)らが出演したが、なかでもカズレーザー(33)が紹介した1冊が大きな話題を読んでいる。   昨年に続き登場したカズレーザー。オカルト情報誌「月刊ムー」...
ぺえの揚げ物食生活に和田アキ子が呆れ「見ているだけで気持ち悪い」

ぺえの揚げ物食生活に和田アキ子が呆れ「見ているだけで気持ち悪い」

13日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で、タレント・ぺえの、揚げ物が好きすぎる食生活が明らかになった。 番組では「美と健康を追及するオネエは本当に健康なのかSP」と題して、ゲストのオネエたちの健康状態を医師がチェックした。 その中で、原宿のカリスマ店員でタレントとしても活動しているぺえ...
「ナスD」こと友寄隆英氏 健康診断の結果にスタジオから驚きの声

「ナスD」こと友寄隆英氏 健康診断の結果にスタジオから驚きの声

11日放送の「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」(テレビ朝日系)で、同局の「ナスD」こと友寄隆英氏の健康診断の結果に驚きの声があがった。 番組では、人里離れた土地で原始的な生活を送る部族に密着取材するレギュラー企画「部族アース」の終了を発表し、今までの友寄氏の未公開VTRを紹介。番組終盤...
天海祐希が仰天告白「家に人がいることがイヤだから」

天海祐希が仰天告白「家に人がいることがイヤだから」

女優の天海祐希(50)が5日放送のテレビ朝日系「日曜もアメトーークSP」に出演し、「家に人がいることがイヤ」と仰天告白した。 この日のトークテーマは「仲良し同居芸人」で、天海が理想の女性ナンバーワンというメイプル超合金のカズレーザー(33)が出演。カズレーザーはトレンディエンジェルのた...
岡村隆史が「M-1」決勝のメンバーを不安視「カミナリ以外、吉本」

岡村隆史が「M-1」決勝のメンバーを不安視「カミナリ以外、吉本」

漫才コンテスト『M-1グランプリ2017』決勝進出9組が15日に発表された。グレープカンパニー所属のカミナリも前回に引き続き決勝に駒を進めたのだが、おぎやはぎや岡村隆史(ナインティナイン)はラジオ番組である心配を口にした。 昨年末に行われた『M-1グランプリ2016』決勝大会はオール巨人、上沼恵美子、松...
矢作兼 山里亮太に「M-1グランプリ」の敗者復活戦辞退を呼びかけ

矢作兼 山里亮太に「M-1グランプリ」の敗者復活戦辞退を呼びかけ

16日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、おぎやはぎの矢作兼が、南海キャンディーズ・山里亮太に、お笑いコンテスト「M-1グランプリ2017」の敗者復活戦不出場を呼びかけた。 12月3日に決勝が開催される「M-1グランプリ2017」(テレビ朝日系)には、10月に「キングオブコント2...
「M-1グランプリ2017」決勝でのネタ披露、順番変更に賛否両論

「M-1グランプリ2017」決勝でのネタ披露、順番変更に賛否両論

漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2017」の決勝進出者発表会見が15日に行われ、決勝進出の9組が発表された。今年からルールが変わり、決勝でのネタ披露の順番が変更となった。昨年までの、敗者復活を勝ち上がったコンビが最後にネタを披露するシステムを変更したわけだが、関係者からは賛否両論の声が...
かまいたち、カミナリら「M-1グランプリ2017」決勝進出コンビ9組が決定

かまいたち、カミナリら「M-1グランプリ2017」決勝進出コンビ9組が決定

漫才日本一を決める『M-1グランプリ2017』決勝進出者9組が15日発表され、お笑いコンビ・ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーすに決まった。 【個別ショット】『M-1』決勝進出が決定したジャルジャルら9組 出場資格は2002年1月1日以降に結成...
浜田雅功 心霊物件に居住の過去「歩いて来る音だけする」

浜田雅功 心霊物件に居住の過去「歩いて来る音だけする」

3日深夜放送の「浜ちゃんが!」(日本テレビ系)で、ダウンタウン・浜田雅功が、過去の家に幽霊が出没していたと明かした。 番組では、ゲストの女優・伊藤沙莉がひとり暮らしの自宅に男性の幽霊が出るとの悩みを打ち明けた。その幽霊は、母親がかけてきた電話に「もしもし」と応対したり、伊藤が母親と電話で...
はるな愛に仁支川峰子が激怒「裏切りでしょ」「とっても失礼」

はるな愛に仁支川峰子が激怒「裏切りでしょ」「とっても失礼」

31日放送の「今夜解禁!ザ・因縁」(TBS系)で、はるな愛が女優で演歌歌手の仁支川峰子と、因縁の対面を果たした。 番組では「19年越しの因縁…女優Nがはるな愛に激怒!」と題して、これまで仁支川がはるなの面倒を見てきた様子が再現ドラマで伝えられた。 はるなと仁支川は、1998年に映画「ミナミの帝王」で...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net