芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

高橋一生ロスは「直虎」現場でも 壮絶シーンの後に制作陣が謎の体調不良

高橋一生ロスは「直虎」現場でも 壮絶シーンの後に制作陣が謎の体調不良 (全4枚)

〈息ができないほど泣き叫びました〉

〈泣いた……来週生き返るとかないですよね〉

その日、NHKの大河ドラマ「おんな城主直虎」のツイッターには悲鳴ともつかぬ書き込みが殺到したのである。8月20日に放送された回〈嫌われ政次の一生〉で、高橋一生(36)演じる小野政次が、壮絶な最期を遂げた。あまりの嘆きの声に、残りの放送が心配になってくるほどなのだ。

***

少し長いが、内容を説明しておくと、高橋演じる政次は井伊家城主・井伊直虎(柴咲コウ)の幼馴染にして家老である。

弱小大名・井伊氏は、今川氏に服従していたが、政次はその意を受けて直虎を監視する役目だった。周りから“今川の手先”と嫌われていたが、密かに直虎を慕い、尽くし続ける。

「直虎」を支えた男だったが――(「鶴のうた」ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売中)

桶狭間の戦いで今川氏が敗れ、徳川の今川討伐が始まると、直虎は徳川軍と通じ、密かに領内通行させるという手段に出る。ところが、自陣に裏切り者がいて、途中、徳川軍が矢を射掛けられるというトラブルが発生。「やはり今川に通じていたか」と直虎は捕えられるのだが、罪を被ったのが政次だった。無実を知る直虎は必死にかばうが、政次は直虎を守ることしか頭にない。

〈白黒をつけむと君をひとり待つ天つたふ日ぞ楽しからずや〉

直虎と碁を楽しんだ思いを辞世の歌にしたためた政次は、刑場へ向かう。そこへ現れる直虎。磔台(はりつけだい)に縛られ処刑されるその瞬間、自ら槍を取り、深々と政次の胸をえぐった。

高橋一生ロスは「直虎」現場でも 壮絶シーンの後に制作陣が謎の体調不良 「鶴のうた」ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売中

「日の本一の卑怯者と未来永劫語り継いでやる!」

そう叫ぶ直虎に、政次は血を噴きながら罵り返す。

「笑止!女子(おなご)だよりの井伊に未来などあるものか」

すべて、徳川方を納得させるための芝居で、ファンからは「究極のラブシーン」との評価も寄せられた。視聴率は過去3カ月で最高タイの12・4%を記録した。

回想シーン

この壮絶なシーンを書いた脚本家の森下佳子氏が振り返る。

「この回の打ち合わせは皆言葉少なでした。何度も台本を読み返すと泣いちゃうから、という空気だったんですかね。最後のシーンを書いたあと、私もプロデューサーも、音楽担当の菅野よう子さんも、全員、謎の体調不良に悩まされました」

制作陣からして、体調を崩すほどだから、視聴者の「ロス」もむべなるかな。何より、一途だがどこか影のあるイメージの高橋だからこそ演じることのできるシーンでもあった。

「草食系のイメージのある高橋は役者歴が長い。9歳で映画デビューし、大人になってからは映画『世界の中心で、愛をさけぶ』などで頭角を現しました。『直虎』に出演するようになってから、今年上半期の〈ブレイク俳優ランキング〉では、全世代の部門で1位になったほどです」(芸能デスク)

その人気は、放送の3日後、ソニー・ミュージックから「鶴のうた」と題して高橋が登場する回の音楽をまとめた追悼CDが発売されると、店頭からたちまち消えてしまったほどである。

心配なのは「直虎」の今後だ。何しろ政次が死んだ翌週の回は視聴率も11・2%に下がり、「高橋ロス」が現実になってしまったのだ。もちろん、NHKもそのことを予測してか、38回からは、井伊直政役として菅田将暉を投入するなどテコ入れ策を取ってはいる。が、手っ取り早いのは政次を再び登場させることか。先の森下氏も言う。

「脚本では残された人たちが政次を思い出す件(くだり)があるので、回想シーンの可能性がないわけではありません」

「直虎」の放送はあと16回、政次を殺すのは、ちと早すぎたか。

「週刊新潮」2017年9月7日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

高橋一生 女性誌ananでヌード披露した理由「今やれることはやっておこう」

高橋一生 女性誌ananでヌード披露した理由「今やれることはやっておこう」

(全3枚) 「お芝居って、どこまでいっても“ごっこ遊び”と思われる方もいるかもしれないけれど、そうじゃない瞬間を求めてやっているのが俳優だと思っています」 この記事のすべての写真を見る 高橋一生(36)の勢いが止まらない――。今、女性たちが彼の一挙一動に熱い視線を送り、それに応えるようにさまざまな...
「おんな城主 直虎」にNHKが緊急指令か「高橋一生の露出を増やせ」

「おんな城主 直虎」にNHKが緊急指令か「高橋一生の露出を増やせ」

下降曲線を描きつつあるNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に、いよいよ最後の“指令”が飛び出したという。それが「高橋一生を引き延ばせ」というものだ。 柴咲コウを主演としたものの、井伊直虎という地味な題材のため話題にならず、しかも「女城主は存在しなかった」などの資料が次々に発見され、逆風吹きすさ...
柴咲コウ、大河ドラマ撮影中でも週末ごとに帰京…猫に癒やされたい?

柴咲コウ、大河ドラマ撮影中でも週末ごとに帰京…猫に癒やされたい?

女優・柴咲コウが主演するNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』。女性でありながら当主となって戦国の乱世を生き抜いた井伊直虎の激動の生涯を描く物語もいよいよ、城主・直虎の誕生へと進んでいく。 「撮影はほとんど浜松で行われていましたが、柴咲さんは撮影がどんなに遅くなっても週末には大急ぎで自宅に帰っ...
「紅白歌合戦」司会はイメージ回復のために松本潤になる?

「紅白歌合戦」司会はイメージ回復のために松本潤になる?

今年も残すところ2か月半。この時期になると、必ず聞こえてくるのがNHK『紅白歌合戦』の話題だ。 「一時期、『廃止論』も出たことがありましたが、最近はそれも無くなりました。マンネリ化していることは否めませんが、大河や朝ドラと並んで、NHKを代表する歌番組として今後も続いていくと思います」(音楽誌...
柴咲コウが2016年11月に資本金1.7億円でIT企業を設立 CEOに就任していた

柴咲コウが2016年11月に資本金1.7億円でIT企業を設立 CEOに就任していた

©時事通信社 NHK大河ドラマ「直虎」に出演中の女優・柴咲コウ(36)がIT企業の代表取締役社長CEOを務めていることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。企業名は「レトロワグラース社(以下、レ社)」で、昨年11月に設立されている。 本誌取材班は同社の事業計画書を入手。そこには代表取締役社...
「池の水ぜんぶ抜く」放送の経緯 仕事リストから「かいぼり」を発見

「池の水ぜんぶ抜く」放送の経緯 仕事リストから「かいぼり」を発見

(全2枚) 池の水をすべて抜く「かいぼり」の様子を収録したテレビ東京の番組「池の水ぜんぶぬいてみた」シリーズが人気です。ネットでも、番組でかいぼりを行なった千葉県内の池にカワセミがきたというニュースが話題になりました。番組企画時に、制作者が着目したのは「何がでてくるかわからない、という怖い...
柴咲コウがムロツヨシのイタズラに戦慄「ギャー!ムロ、アゲイン!」

柴咲コウがムロツヨシのイタズラに戦慄「ギャー!ムロ、アゲイン!」

女優の柴咲コウが19日、自身のInstagramを更新。現在主演を務めるNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』で共演する俳優・ムロツヨシのお茶目なイラズラを紹介し、ファンの間で反響を呼んでいる。 ・・・ギャー!!!ムロ、アゲイン!!!#おっきくなってるよー#怖い#怖いよー#飲みきったときに周りに見られてたと思...
【オトナ高校連載】三浦春馬「スケコマシから童貞まで(笑)。大きな振り幅のある役を演じられるのは貴重です」

【オトナ高校連載】三浦春馬「スケコマシから童貞まで(笑)。大きな振り幅のある役を演じられるのは貴重です」

本日10月14日夜11.05から、三浦春馬主演ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)の放送がスタート。三浦春馬が、童貞役を演じることでも話題の本作。三浦演じるエリート銀行員の英人は、性経験のない30代以上の男女が入学を命じられるオトナ高校に入学することに。ザテレビジョンWEBでは、“オトナ高校”スペシャル...
「西郷どん」の新キャストを発表 錦戸亮やピースの又吉直樹らが出演

「西郷どん」の新キャストを発表 錦戸亮やピースの又吉直樹らが出演

NHKは3日、来年放送する大河ドラマ『西郷どん』の新たなるキャストとして、関ジャニ∞の錦戸亮、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤、ピースの又吉直樹、女優の田中道子らが出演することを発表した。 【写真】艶やかな着物姿で登壇した二階堂ふみ 物語は、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し...
NHKがホッと胸をなで下ろした!? 『24時間テレビ』の裏、高橋一生出演終了の『直虎』が奇跡の2ケタ死守!

NHKがホッと胸をなで下ろした!? 『24時間テレビ』の裏、高橋一生出演終了の『直虎』が奇跡の2ケタ死守!

初の視聴率1ケタ台転落も危惧されていた27日放送のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』第34話だが、平均視聴率は11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、かろうじて2ケタ台を死守した。 ここ最近は11〜12%台と低迷し、第31話では過去最低の10.6%を記録。27日は、日本テレビ系『24時間テレビ』のフ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net