芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

渡辺直美主演「カンナさーん!」視聴率急落の要因は斉藤由貴?

渡辺直美主演「カンナさーん!」視聴率急落の要因は斉藤由貴?

不倫疑惑で話題を集めている女優の斉藤由貴(50)が、9月7日に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『オールナイトニッポンMUSIC10』(ニッポン放送)に生出演し、番組の冒頭で「飯がまずい毎日を送っている斉藤由貴です」と自嘲気味なあいさつを残している。

5日に写真週刊誌『FLASH』(光文社)に報じられた、50代医師Aさんとのキスショット報道以降、初めて心境を語った斉藤は「ひと言で言うならば、飯がまずい日々をすごしております」など、狼狽した現状を吐露した。

また、斉藤も出演している渡辺直美(29)主演のドラマ『カンナさーん!』(TBS系)にもその影響は出ているのではないかと言われているようだ。

5日放送の第8話視聴率は、7.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)。本作は初回視聴率を12.0%でスタートし、第3話まで2ケタ台をキープし続けたが、4話目で9%台に陥落、5話で再び回復したものの、それ以降は1ケタ台に逆戻りとなった。

当初は女性人気の高い渡辺を主演に据え、ダメ夫役に要潤(36)などが抜擢され、非常に期待値の高いドラマとして注目されていた。ここにきての視聴率低下の一因といわれているのが、やはり斉藤の不倫騒動による女性視聴者層の怒りを買ったことが影響だともっぱらのようだ。

放送開始当初は、初の姑役を斉藤が演じることでも注目され、その“美魔女ぶり”にも視線が集まっていたが、斉藤の不倫疑惑が発覚するとともに、偶然か必然か視聴率も徐々に落ち込んでいった。

「本作の脚本は俳優のマギー(45)が担当しているのですが、彼は業界内でこっそり“低視聴率メーカー”とも言われていました。ドラマ前半の数字で、今回でその汚名が返上されるかと思ったのですが、斉藤の思わぬスキャンダルとともに、また数字が右肩下がりになってきています。再び“低視聴率脚本家”のレッテルを貼られることになりそうです」(芸能記者)

個性的な主演陣によるコミカルなドラマとして、期待が集まっていた本作だが、がっかりする結果となってしまったようだ。

■斉藤由貴に用意された”逆転の演出”も肩透かし?

また劇中で、斉藤が演じる嫌味ったらしい姑役を利用して、制作側がある仕掛けをしたともされているのだという。

「斉藤は、不倫をした渡辺の元夫役を演じる要の母親役を演じているんですが、元嫁役の渡辺に対して、姑らしい説教をするシーンが多々出てきます。斉藤のリアルな今の状況を考えると、多少控えたほうが良いような演出ですが、テレビ局はこのような説教シーンを敢えて織り込むことで、批判されることを承知として、脚本に組み込んだのではないかと一部では言われているようです。いわゆる炎上を狙ったやり方ですが、むしろ反感を買ったようですね。視聴者からは、『斉藤が出ているならもう見ない』といった苦情も多く出てきているのだとか」(前出・芸能記者)

改編にあたる9月に入り、いよいよ今期のドラマも佳境に迫ってきたが、このままずるずると視聴率を落としたまま終わってしまうことになるのだろうか……。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

スキャンダルとドラマ降板の斉藤由貴 一部業界では限界説も?

スキャンダルとドラマ降板の斉藤由貴 一部業界では限界説も?

10月3日、NHKは次期大河ドラマ『西郷どん』の追加出演者発表会を開いた。当日は錦戸亮、井戸田潤、藤木直人、竜雷太ら追加キャストが多数登場したのだが先月、50代の男性医師とのダブル不倫で降板となった斉藤由貴の代役だけは「まだ未定」とされ「(撮影のはじまる)今月中に決めたい」と発表された。 斉藤の...
斉藤由貴が写真流出を警察へ相談 女優生命が断たれる画像が存在か

斉藤由貴が写真流出を警察へ相談 女優生命が断たれる画像が存在か

今年も芸能界や政界を舞台に、毎週のように「ゲス不倫」が報じられているが、どうやら“主役”はこの人となりそうだ。 50代の妻子ある主治医とのW不倫を認めた女優の斉藤由貴が、パーソナリティーを務めるラジオ番組『オールナイトニッポンMUSIC10』(ニッポン放送)の出演を14日の放送回から無期限で見合わせる...
松田聖子の新曲の歌詞に娘・神田沙也加への本音?祝福と和解を示唆か

松田聖子の新曲の歌詞に娘・神田沙也加への本音?祝福と和解を示唆か

「新しい曲をまずみなさんに聴いていただければと思い、興奮しています。みなさんが幸せになってくれたらという思いで、ワクワク感やドキドキ感、恋する女の子の思いを託しました」 5月16日放送の『オールナイトニッポンMUSIC10』(ニッポン放送)で、6月7日に発売予定の新曲『あなたproposetonight☆』を照れ...
川崎麻世が別居前に出版した自著「カイヤへ!」が大暴騰

川崎麻世が別居前に出版した自著「カイヤへ!」が大暴騰

「なにをいまさら」といった声まである、川崎麻世(55)が妻のカイヤ(56)に起こした離婚訴訟――。“日本一の恐妻家”と呼ばれつつも、2000年からは別居状態のため「今は平和」とも語ったこともある川崎に、どんな心境の変化があったのか。 別居する前年に出版された自著「カイヤへ!」(マガジンハウス/1999年...
カイヤ「次は外国人と結婚」騒動後、初の公の場はピリピリムード

カイヤ「次は外国人と結婚」騒動後、初の公の場はピリピリムード

俳優・川崎麻世(55)との離婚訴訟が明らかになった妻でタレントのカイヤ(56)が13日、都内で、デヴィ夫人(78)主催の慈善晩餐会に出席した。10日に離婚問題が発覚してから初の公の場。壇上では笑顔も見せたが、紙で顔を隠したり、隣りのアンミカ(46)と深刻な表情で言葉を交わすなど、ピリピ...
川崎麻世とカイヤが離婚裁判 Twitterではタイミングを不思議がる声も

川崎麻世とカイヤが離婚裁判 Twitterではタイミングを不思議がる声も

川崎麻世(55)が妻のカイヤ(56)を相手に離婚裁判を起こしていたと、10月10日に報じられた。各スポーツ紙によると、今月30日には法廷で本人の尋問が行われる予定。川崎は「詳細は弁護士に任せているから、何も言えない」と話しているという。 川崎がカイヤに対し、離婚裁判を起こしたのは初めて。Twitterで...
不倫発覚の騒動から1年 斉藤由貴の今「誕生日は自宅で弁当です」

不倫発覚の騒動から1年 斉藤由貴の今「誕生日は自宅で弁当です」

横浜市内にある大型スーパーの駐車場で、大きい買い物袋を手にした斉藤由貴(52)がひとりトボトボと歩いていた。斉藤といえば、昨年8月に家族ぐるみの付き合いだった医師との“W不倫騒動”発覚から1年の月日が経ったばかりだが――。 「“禊”も済んだ現在は、渡辺麻友さん(24)主演の連続ドラマ『いつかこの雨が...
不倫騒動で「西郷どん」辞退の斎藤由貴 フジテレビでドラマ復帰へ

不倫騒動で「西郷どん」辞退の斎藤由貴 フジテレビでドラマ復帰へ

不倫騒動で「西郷どん」出演を辞退した女優斉藤由貴(51)が、フジテレビ系スペシャルドラマ「黒井戸殺し」(4月放送)でドラマ復帰することが14日、分かった。昨年7月期のTBS系連続ドラマ「カンナさーん!」以来7カ月ぶりとなる。 脚本家三谷幸喜氏(56)が、アガサ・クリスティの名作「アクロイ...
石原さとみが圏外から首位に「女性が選ぶファッションアイコン」

石原さとみが圏外から首位に「女性が選ぶファッションアイコン」

コートに合う洋服やブーツのコーディネートなど、オシャレが一段と楽しくなる冬の季節。世の女性たちはテレビや雑誌で活躍する誰をファッションの“お手本”としているのか?ORICONNEWSでは10〜50代の女性を対象に、「ファッションアイコンとして注目している女性有名人」についてアンケート調査を実施。その結...
渡辺直美、2017年に最も格を上げた芸人か 業界内でも高評価

渡辺直美、2017年に最も格を上げた芸人か 業界内でも高評価

今年、最も“格”を上げたお笑い芸人といえば、渡辺直美であろう。7月クールのTBS系連続ドラマ『カンナさーん!』では主演に抜擢、CM出演も多く、NHKでは『シブヤノオト』『NAOMIの部屋』(ともに不定期放送)という2つの番組のMCを務めている。 「いわゆる“ひな壇芸人”から抜け出し、メインを張れる芸人に格上...
明石家さんま 恋愛ベタな渡辺直美にダメ出し「それはアカンわ…」

明石家さんま 恋愛ベタな渡辺直美にダメ出し「それはアカンわ…」

9日放送の「さんまのまんま秋のさんまもゲストも脂がノッてますSP」(フジテレビ系)で明石家さんまが、恋愛中の渡辺直美にあきれる様子を見せた。 番組では、ゲスト出演した渡辺が「スタッフをすぐ好きになってしまう」と告白した。渡辺は先月終わったばかりの主演ドラマ「カンナさーん!」(TBS系)でも、照...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net